工房このはずく訪問:近くて遠いは

a0074562_1025437.jpg

 雨の合間にちょっとだけ訪れる晴天。そのタイミングを逃
さずに青梅まで足を伸ばした。夫人の勧めで、工房このはずく
を訪れるのが目的。
 廃刊する前のアサヒタウンズに紹介があって、その地図を頼
りに出掛けた。最寄り駅は青梅のひとつ先の宮の平かその先の
日向和田駅で、共に徒歩15分とある。
 車で行く案もあったが、新緑の奥多摩を川沿いに15分歩くの
も良かろうと、電車で行くことにした。それで、宮の平駅まで
は順調に。
 その先の地図だが、宮の平と日向和田の間は直線。川も直線、
川向こうのこのはずくのある道も直線で、宮の平駅のすぐ脇に
対岸へ渡る橋が描かれていた。
 迷う余地のない地図だと思ったが、歩き出して見ると橋がない。
道を尋ねるにも人が居ない。かろうじて見つけた地元の人に橋
を聞いたら、この先のガソリンスタンドの手前を左にと。
 しかし、歩いても歩いてもガソリンスタンドに行き着かない。
狐に化かされた位歩いてようやく橋に。
 幸い道中新緑の上等の天気。色々な花も咲いていて悪くない。
平日のせいか、こんな上天気でも歩く人の影が見えない。橋の
下の流れは清流。釣り人の姿も。岸辺の黄緑の新緑についカメラ
に手が伸びる。
 その先の工房このはずくにようやく着いたのは、駅から25分歩
いた末。近くて遠いは田舎の道とはこれか。紹介の地図も時間も、
これにはびっくりだ。
[PR]
by tabitohon | 2010-04-27 10:35 | 国内の旅 | Comments(0)
<< 工房このはずく訪問:有隣庵で一服 携帯電動歯ブラシ >>