ペンライト、互換バッテリー

 望遠撮影でペンライトの評価を固めたひかえめ氏である。
ポイントはピントの合わせ技。光学ファインダーの一眼デジ
には無い技で、拡大ファインダーと言う業が使える。
 このモードに切り換えた時に出るフォーカスゾーンが便利。
ゾーンが小さくて、自在に場所を移せる。ゾーンを狙いの被
写体部分に移動させるか、シャッター半押しでピントを決め
て正確にピントあわせが出来る。

 あれやこれやとトライしているうちに電池の消耗サインが
表示された。ペンでは小型大容量と言うことから、専用の
リチュウム電池を採用している。あの電気自動車の将来を決す
といわれているリチュウム電池の仲間だ。
 専用リチュウム電池なのでかなりよい値段だ。これまで使用
の一眼デジではニッケル水素電池で2300mahの容量のものを
4本使って、4本で千円前後。
 ペンの専用電池の容量は1200mah位で、実販価格が5千円
以上する。容量が半分での値段と考えると、一桁上の電池コスト。
 ネットショップで探していたら、互換バッテリーと言うのが
あることが分かった。インクジェットの詰め替えインクと同じ
概念の電池版だ。
 早速調査の上、余り安いのも心配なのでやや高めの互換電池
を取り寄せた。早速パッケージを開いて充電器に載せて見たら、
ガガーン、サイズが違う。型番を間違えて取り寄せてしまった
のだ。
 この電池の処置は先ず置いて、代わりの電池を探して発注。
本日届く予定だが、合計で純正電池と同じくらいには収まる
から許そう。
 海外旅行等では余分に予備電池が要ると思うので互換電池の
評価も大切だ。
by tabitohon | 2010-05-12 05:43 | デジカメ写真術 | Comments(0)
<< 片倉城址、花満開 南口再開発風景 >>