なすの糠漬け

 ひかえめ氏作の糠漬けは年間休み無く生産されているが、
具材が限定される問題がある。糠漬けでは王者の位置にある
なすが上手く漬かないのだ。なすの中心部辺りに白く漬かな
いまま残ってしまう部分が出来てしまう。
 丸のままでは全くだめで、半割にして割った部分に塩を
擦りこむ。それでも解消しなくて、更に真ん中の白く残る
部分に割を入れたりするがだめ。
 新鮮採れたてであれば良いかといえば、良い場合もあるが
駄目な場合もある。スーパーのなすが総て古いわけではない
が、スーパーのナスは殆ど駄目だ。
 先日某スーパーで何気なく手にしたナスを見て感ずるものが
あった。その肌つやの輝きから、もしかしたら糠漬けになるの
ではと。
 早速半割で試して見た。いつも懲りるので2日間放置。取り
出してみると、なんと見事に漬いているではないか。この違い
は何か。
 3個買った二つ目で再挑戦。日にちが経過しているから、採れ
たてでないといけないとか、冷蔵庫保存では駄目と言うなら漬
かないはずだ。
 結果は問題なく完全に漬いた。今3個目を漬け込んだところだ
が、きっと漬かる予感がする。違いは、若いナスを収穫したの
ではないか。
 もうひとつ、このなすには確かOOナスと名前が付いていた
ので、なすの種類が違うのか。後日このナスを同じスーパーで
見かけたので、まだあれば再度買って漬け込んでみよう。
[PR]
by tabitohon | 2010-06-05 05:43 | 生活・健康 | Comments(0)
<< 火の鳥の郷コスタリカ 一世クラブ作品展 >>