山陰旅:♪さざれ石の~

a0074562_5461487.jpg

 神仏に頼むわけででは無いが、入院手術も無事に終わって
約三ヶ月。手術前の熊野・伊勢詣での次として、山陰の出雲
大社参詣に出かけた。
 新幹線で岡山へ出て、バスで山陰をめぐるツアーへの参加だ。
関東に入梅宣言が出たその日の出発で、天気予報は3日間雨。
とりわけ初日は大雨の予報。気が重い出発になった。
 岡山で降り始めた雨は中国山地越えの頃にはすっかり大降り。
天気予報も当たるものだとあきらめ状態。所が、山陰、日本海
側へ下り始めると雨が止んで、出雲大社に着いた時には、薄日
ももれる上天気。最後まで希望を捨てないようにとの啓示か。
 さて大社見学のスタート地点で、石くれのような展示物を発見
『さざれ石』と書いてある。あの国歌で登場するさざれ石のこと
らしい。
 そう言われれば、石が砕けて細かくなるのは常識だが、細かい
石が岩になるとは?? その疑問はこれまで放置したままだった
が、その疑問を解く物証が置かれていたのだ。
 石灰岩の石くれが積み重なった状態で雨に長い間さらされると、
雨で溶け出した石灰が再度析出する時に接着材になって石くれが
岩塊に変わるのだそうだ。なーるほど。
[PR]
by tabitohon | 2010-06-20 06:25 | 国内の旅 | Comments(0)
<< 山陰旅:出雲大社 ETC車載器 >>