ノイズキャンセリング設定

a0074562_531745.jpg

 山陰旅の途中ながら、ペンライトのノイズキャンセリング設定
問題に取り組んだ。大山の夜景のノイズが予想外に多かったので、
ノイズキャンセリングを入れた方が良かったかと。
 被写体は最近仕入れたランの花を。室内で望遠撮影。Pモードで、
先ずノイズキャンセル無し(左)。
 次にノイズキャンセル弱(中)で撮影してみると、ノイズは極端
に少なくなったが、解像がいささか甘くなった感じ。ノイズ以外に
色の厚さ豊かさが格段に良い。
 更にノイズキャンセルを標準にしてみると(省)、解像が更に
甘くなる割には他の画質の差は余り感じない。
 次にノイズキャンセル弱の画像をフォトショップでフィルター
処理してシャープネスを上げてみた(右)。結果は解像が改善され
ノイズキャンセル無しに近付き、色の厚さ豊かさが保存された。
 組み合わせとして、これが最良の結果。標準的にはノイズキャン
セル弱設定にしておこう。
 なおISO3200の場合はどうなるか? 次回の評価課題とし
よう。
[PR]
by tabitohon | 2010-06-24 05:45 | デジカメ写真術 | Comments(0)
<< 安達美術館 山陰旅:伯耆大山 >>