山陰旅:城崎温泉街

a0074562_5241774.jpg

 城崎には大型観光ホテルは似合わない。昔ながらの風情の
温泉旅館と沢山の外湯こそがその特徴。道後温泉も外湯で有名
だが、道後は外湯は一軒だけで、後は大型ホテルが沢山立ち並ぶ。
 これだけ外湯がある温泉街は城崎だけでは無かろうか。こじん
まりとした旅館群なので、一軒にバス一台分の客を泊めない
方針か、3軒に分縮する事になった。
 桂小五郎ゆかりの『つたや旅館』もその中の一軒であったが、
指定された宿は『喜楽』と言う宿。御所の湯のはす向かいで、
つたやからも近い中央通りの真ん中にある。
 分宿の場合、当たり外れがあって不愉快な事があるものだ。
去年の高野山の宿坊は外れで、あまり良い印象が残っていない。
 城崎温泉の場合、『部屋食』が売り物となっている。昔は当た
り前だった部屋食は、大型ホテルでは影を潜め、今や奇跡的にし
か残っていない文化だ。
 建物は最近の改築リフォーム済みのようで良好。部屋食も良質
適量。共に昨日の五つ星ホテルよりもこちらがましだ。
 温泉街は柳の植えてある川沿いに伸びていて、一の湯のある
辺りから川筋から離れる。町並みは古い建物の外観は残して居
て風情はあるが、飛騨高山の町並み程には徹底したものではない。
 大型ホテルが立ち並ぶ温泉街とは違う風情を残した、山陰の
湯宿を体験出来た。
[PR]
by tabitohon | 2010-06-29 06:04 | 国内の旅 | Comments(0)
<< 山陰旅:竜頭蛇尾 山陰旅:城崎温泉御所の湯 >>