部分入れ歯、真っ二つ

 上の左の奥から二番目の歯が一本抜けている。この歯には
長い歴史があって、当初は一本だけの義歯をあごに金属ピン
で固定していたが、よく噛む力の入る場所なので、ぐらつい
て歯が抜けてしまった。
 やむなく次の手は、この一本歯は止めて、前後の歯に橋渡
しして3本一体の金属の義歯を作ってはめ込んだ。固定はしっか
りして自前の歯のように使えたが、長く使うと金属疲労破壊に
発展。前後の歯も含めての作り直しになる始末。
 口の中は自分では良く見えないが、次の手は、抜けた歯は義歯
にして小さなあごをプラスチックで作る。前後の歯には細い金属
の止め具で固定。
 毎日外して掃除する手間はあるが、自分の歯と同じようにしっ
かり噛める。それで使いすぎてしまったのか、半月ほど前にスル
メを齧っている時,突然真っ二つに破断してしまった。
 北海道の旅行の直前だったが、別に入れ歯が無くてもそう不自
由無く食事は出来る。噛み切りにくいものに少し手間取るだけの
こと。
 更新の入れ歯が昨日で来た。前のものと同じ仕上がりで、作る
のは簡単なようだ。よく噛めるので、いずれは使いすぎて破断す
るだろうが、ランニングコストの中と考えよう。
[PR]
by tabitohon | 2010-07-17 06:41 | 生活・健康 | Comments(0)
<< 外来種退治 カラオケのキー合わせ >>