記録的大雪

a0074562_1534930.jpg

 40年ぶりの大雪が降ってから約一週間後の2月15日の朝が開けてみると、
これ又それどころではない雪の深さ。
 関東の2月は雪のシーズンで、一週間毎に雪が降るパターンは珍しくない。
今回は雨か雪かと言う予報がにわかに雪に確定し、段々大雪模様になって
しまった。
 雪の深さは前回以上で、露地に積った雪は吹きだまりになって約1メートル。
この先屋根からの落雪が補給されて当分低くなりそうにない。屋根からの落
雪が当たった植樹のダメージがかなりありそうだが、紅葉が奇麗で気に入りの
ヤマボウシの枝には被害が無さそうだ。
 さて雪が雨に変わってそれが止んだ11時頃、北側の道路の雪掻きに取り掛
かる段になって唖然。前回よりはるかに雪が深いのだ。
 この前の雪が殆ど解けずに塀際に積んであるが、その上に雪を乗せるので
2M弱のスペースを雪捨て場場にしてしまうと、道路の真ん中一車線分しか交
通部分は無い。
 昼休み一時間を取って、三時まで掛って雪をかたずけたが、道路の真中は
残し。それでも塀際の雪の高さは1.5M程のブロック塀の頭近くまで積み上が
ってしまった。
 ここは高台の住宅地なので、車の通行は一台もなし。明日出掛けられるように
ワゴン車の出口の雪を掻いたが。25センチも積雪が有ると、スタッドレスでも
全く動きが取れない事が分かった。
[PR]
by tabitohon | 2014-02-15 16:08 | その他 | Comments(0)
<< 記録的大雪の雪害 雪うさぎ >>