九州レンタカー気儘旅4

a0074562_591151.jpg

 華麗な本丸御殿の見学が終わり、外へ出る通路の途中に暗がり御門と言う
地下通路が有る。
 石垣と大丸太で支えられた天井が有って、途中に階段が有るが天井まで登
った所で途切れている。昔は本丸御殿に登る正式通路であったらしいが、今は
建築の諸規制の為に本丸へ階段から通じる通路は作れないのだそうだ。
 文化遺産の認定と建築規制とは相互に邪魔し合って、文化遺産だからと言って
自在に保存復活させる事が出来ないらしい。
 太い柱は新品で、本丸御殿の修復地に再構築されたものらしく。見ごたえが
ある。
 さて城彩苑にもう一度立ち寄ってから、今夜の宿へと車を走らせた。宿は阿蘇の
ファームビレッジとと呼ぶ、丸いパオ風の戸建ての建物が沢山並ぶ異色のもの。
 温泉旅館やホテルとは違って、リゾート宿泊施設風なのに惹かれて選んだのだ
が、たどり着いた印象はかなりプアー。フロントでの話では外人客が押し寄せてい
るそうだ。薄暮の通路はイルミネーションの花盛りで、これも今風で安手。
 温泉はまずまずで、沢山の露天風呂が点在しているがこの時期でも外へ出ると
めちゃ寒い。阿蘇は冬は雪が降るような土地だが、冬は寒くて露天風呂まで辿り
着けないと思う。
 パオ風の宿の中は、宿泊には支障が無いが、フロントやレストラン等の施設へ
の道が分かりにくい。循環バスを走らせているが、本数が多くないので道路脇で
待つ気にはならず、結局は歩いて往復。
 子供向きの遊び施設がたくさんあるので、その世代にには良いのかも知れないが
熟年観光客には薦められない。
[PR]
by tabitohon | 2014-06-11 05:39 | 国内の旅 | Comments(0)
<< 九州レンタカー気儘旅5 九州レンタカー気儘旅3 >>