吹上しょうぶ園

a0074562_1327598.jpg

 久し振りに映画「あん(餡)」を観に出掛けたついでに、青梅の「吹上しょうぶ園」
に立ち寄って見ることにした。
 今年はまだ梅雨入りが宣言されず、雨が降らず真夏のような日が続いて
いた。菖蒲田が水不足ではないかと心配になる程だが、この先ようやく梅雨
模様の曇り日になるらしい。
 その前触れで昨日(5日)は急に気温が下がって、ネルシャツを着込んだ
上にまさかと思ったがウインドブレーカーも積みこんで出掛けた。
 夕方から雨の予報だったが、菖蒲園に着いた時はまだ高曇り。ウイーク
デイながらそこそこの人出で賑やかだった。ウインドブレーカーの持ち込みは
正解で、気温はかなり低め。
 ベストタイミングは一週間程後と言う事で、あちらの群落、こちらの群落と、
早生の種類が花を咲かせているが大半は未だ蕾状態だ。谷戸状の地形で
水は足りているようだ。
 花の種類いは随分沢山あるらしいが、今咲いているのは青系統が多く、
全体の印象としてはクールだ。
 菖蒲園は各地にあって、豪華だが珍しくは無い。それで先ず写真ネタには
ならないと思うし、立ち入り位置も制約されるのでおざなりのシャッターで付き
合ってきた。

 さてその帰り路、思わぬ所で思わぬものに遭遇。何とムクロジの樹を道路
脇に見つけたのだ。信号待ちの時であったか、青葉の茂る枝先にウズラの卵
大の青い実の様な物を発見。
 改めて葉を観ると、まさしくムクロジの葉の形だ。他の枝先を探してみると、
同じ大きさの実が枝先にいくつも見られる。
 発見場所を記憶すると、稲天神社という神社の出口際。その先に鯉川橋と
いうのが有って、後刻地図上で場所が特定出来た。
[PR]
by tabitohon | 2015-06-06 13:28 | 花巡り | Comments(0)
<< 柿ヘタ虫防除 一世クラブ作品展 >>