ニンニク栽培は半年以上

a0074562_09161223.jpg
 山野草で庭が埋め尽くされ、野菜の生きる場所がないのが我が庭。この夏はトマト2本とナスを一本植えて、そこそこの収穫があった。まともなのは柿の木。今年はヘタ虫退治を徹底した成果で、見事な柿が鈴なりで間もなく収穫になるがその報告は後日。
 冬にかけて庭は枯草模様になるが、何か冬野菜をと考えたのはナスを植えておいた大きな植木鉢。探し当てた野菜の候補は、ニンニク。特に好ましい用途は、茹でたブロッコリーにかける刻みニンニクの醤油炒め。カツオの刺身にも摺りニンニクは欠かせない。口の中に傷口などあるとピリピリ痛んで大変だが、それでもニンニク味はカツオには欠かせない。
 ニンニクの国産品・青森産はかなり高いが、中国産は信用がおけず、オランダ産を買ったりする。それが、ニンニク栽培を調べてみると冬越しの栽培にはうってつけ。株間10㎝位で鉢やプランター栽培OKで、栽培容易。国産ニンニクの値段を考えれば、鉢のニンニク栽培やってみる価値がありそうだ。
 秋の入り口9月にホームセンターで見つけた粒売りの残り物ひとつを買っておいてた。暖地向けと寒冷地向けの種類があるようだが、店に有ったのがホワイトという一種類だけだった。月末に植え付けたら、たちまち芽を出したもう写真のように育っている。深さ5~6㎝に植えてあるので、成長の早さに驚く。
 真冬になると成長は止まってしまうのだそうだが、ここは氷点下5~6度まで冷える寒冷地。凍ってしまわないように鉢を南の庭に移す予定。春になった再び成長モードに戻り、5月か6月になったら収穫の様だが、鉢植えなので水切れだけ気を付ければ良い様だ。さて出来上がりのサイズはどれほどになるか???

[PR]
by tabitohon | 2018-10-13 09:18 | 和楽庵四季折々 | Comments(0)
<< タマゴダケ、たぶん ツリフネソウ >>