センニンソウをどう撮るか

a0074562_16372135.jpg
 クサボタンを探して長池公園を訪れたが不発。そのあとセンニンソウ情報が舞い込んだ。場所は八王子の楢原斎場の道路向かいの、元ダイエーのグルメシティー後の廃墟のフェンスに絡まっていて、花盛りだとか。
 いくら何でもこの時期にセンニンソウの花盛りはないだろうと半信半疑で出掛けたところ、なんとまだ花が沢山咲いていた。花のほかに花が終わって種になったものや、種の先のヒゲが開いたもの等も。
 但し雑然んともじゃもじゃ状態で写真は無理とあきらめて引き揚げてきた。一週間後考えを改めて再度訪問。車は斎場の駐車場に停めて。今や車で撮影に行った場合、駐車場が無いのが普通で、おちおちしていられないのだが、斎場があって助かった。
 さて今回は小さな入れ物とはさみとカメラを持って。恐らく現地での写真は無理だろうとふんで、ひげの付いた種を切り取ってきてテーブルトップで写真に撮る作戦だ。種のヒゲは複雑に曲がっていて素直ではないが、とにかく持ち帰った。
 さて家で、テーブルトップの準備。持ち帰った種は熟してひげが開いたものと、青くてまだひげが開いていないものと。この変化も面白いかと、二つ寄せ集めてバックを暗くしてライトを当ててみた。屋外ではひげの開いた種でも全く目立たないが、暗いバックでライトを当て、カメラで撮りこむと見事に変身。
 種の開いたひげが浮き上がって、狙い通りの輝きを見せる。センニンソウはテーブルトップ撮影に限ると実感。ひげの開かない種は、解説には良いとしても、画面構成としては採用しにくいと判断。ひげの開いた種だけの画面は、作品に仕上げて来年公開することにしよう。

[PR]
by tabitohon | 2018-11-18 16:09 | 花巡り | Comments(0)
<< ボタニカルフォトアート第Ⅴ集 キツリフネの種 >>