カテゴリ:その他( 139 )

マップコードに拍手

a0074562_05225510.jpg
 軽自動車を乗り換えて、新しい体験が二つ。一つ目は高齢運転者マークで、二つ目はカーナビの目的地入力方法に関するもの。
 乗り換え前の車から剥がした高齢運転者マークを、新しい車に貼り付けようとしてびっくり。全く張り付かないのだ。理由はバックドアが何とプラスチック成型品だった為だ。
 どうしてプラスチックにしたのか? 軽量化して燃費改善を図ったか?、あるいはコストダウンなのか? サイドは鉄板なので張り付くが,サイドに貼っても意味がない。
 バックドアのガラスに両面テープで貼り付ける案が浮かんだが、マグネットのマークは重いので、高温時にはテープのノリが軟化して剥がれ落ちる心配が浮上。 
 最終案はマークをスキャンしてコピー用紙にプリント。これを両面ラミネート(パウチ)して切り抜く。これなら軽いので高温時に両面テープが軟化して剥がれ落ちることはまずないだろう。仮に落ちて又作っても痛くない。
 次は痛くないびっくり。取り付けたナビの新しい行き先決定方法に拍手だ。施設や場所の名称、電話番号、住所のどれかで、地図をにタッチして入力する方法は全くやりにくかった。
 新しく登場していたのがマップコードによる行き先指定。目的地の緯度と経度の数値を12桁の文字と記号で表示したのがマップコードで、これで行き先指定できる。
 マップコードは、日本マップコード協会という所が公表していて、グーグルの地図のポイントをクリックすることで数値が表示される。旅行などで、行き先指定がやりにくいところは、予めPC画面でマップコードを読み取ってメモしておけばよいのだ。
 序ながら新しいナビの値段から、性能が悪いか心配だったが問題なし。ルートを外れた時の再計算は瞬時に表示される。初期設定のコースの案も狙い順に5つ表示される。
 到着時間の計算やルート変更案内、渋滞情報など必要なものはすべてそろっているように見えるが、実践評価は近いうちに。

[PR]
by tabitohon | 2018-07-09 05:29 | その他 | Comments(0)

トマトの苗

a0074562_05430912.jpg
 野菜作りとは縁の無い庭だが、去年トマトとキュウリを植えてみたのが発端。キュウリとトマト一種はあえない最後で二度と手を出さないという事にした。トマトの一種だけが収穫に至り、今年はその種のトマトだけ2本植えることにした。
 とりわけ気温の高かった今年は、四月末になると野菜苗も店頭に揃って、その中から去年栽培の苗を探し出した。トマトの苗に限っていうと、メーカーがサントリーだったりカゴメだったりしてあれあれと思わさせられる。カゴメはトマト製品メーカーなので、原料確保の末に苗の事業も始めたのは理解しやすい。サントリーも清涼飲料は供給しているので、その流れでの苗事業か!
 そちらの苗も気を惹かれたが、今回は去年の実績に従って「熟っこ」という苗を探し出した。これはホームセンターDCMブランドで、他の苗はまだ小さい苗だったが熟っこは20㎝程に育っていて、一本は早くも花をつけている。
 連作を嫌うと聞くので、去年の場所から少しずらせて培養土を投入して植えたが、畑ではないので各種草木の根がはびこっている。恐らくこんな場所ではさぞかしトマトも苦労するに違いない。
 水遣りを切らせず、あとはトマト任せに・・・。

[PR]
by tabitohon | 2018-05-01 05:53 | その他 | Comments(0)

スマホの充電トラブル

a0074562_09241176.jpg
 夫人のスマホの充電トラブル発生。50%以下しか充電できなくて、一晩充電接続したままでも充電が進まない。充電端子を差し込むと、充電開始の音はするものの、一向に充電量が上がらない。同じ充電器を使ってアイパッドを充電してみると、80%近く充電するが、それ以上は充電が進まない。
 アイホンは電池交換キャンペーンがあるし、電池類はこの冬の寒さに性能が劣化するのでそれではないかと推定。とにかく契約先のソフトバンクへ行って相談するように勧めた。結果は電池劣化かもしれないし本体の問題化もしれないと。いずれにしてもソフトバンクは契約業務だけで、ハード的なトラブルは受け付けないと。近くのアップルサービスがあるのは、ビッグカメラだと教えてくれた。
 翌日ビッグカメラを訪れてみると、予約が必要で、ここでは先一週間は満杯でその先の予約は受けられないとか。それから原因を調べるにはバックアップを取っておかないといけないとか。バックアップ方法と予約はここで受け付けると、アップルのカスタマーサポートを紹介したプリントをくれた。
 家に戻りその電話先で聞いてみたら、バックアップはPCのリモート操作で代行してくれた。それから不具合の診断は八王子・立川等満席の予約の状況で、いつ受けられるかわからないという事。範囲を広げて調べてくれた結果、表参道なら翌日の午後5時に空きがあるとの事。他では全く何時ならできるかあてがないという事で、夫人が都心へ出る用事があるので帰りに表参道に寄る事にした。
 さて翌日の夕刻、アップルの診断の結果はバッテリーには異常がないとの事で、充電器関連らしいと。ついでにソフトのアップデートも進められたようだ。
 そこで充電器関連に目をむけてみると、コードの刺しこみ端子が黒ずんでいてここがが怪しい。付属品に入っていたコードの新品があったので、これに差し替えてみると、それまで50%を超えなかった充電がゆっくりと上がり始めた。その後夜中まで放置したところ、100%充電に到達。
 さて問題を起こした充電コードの黒ずんだ端子は、細かすぎて目視ではよくわからない。マクロレンズで撮影して拡大してみたのが上の写真。なんと片面の電極部分が融け落ちてしまっている。裏面は殆ど異常がないが、一か所だけ黒いくなっている。基盤の所も黒く汚れがついいていて、異常にスパーク風の現象があったように見受けられる。
 ガラ携の充電端子もトラブルをおこしやすいし、スマホでもウイークポイントであることが分かった。アイホンは電池交換のキャンペーンがあるので、てっきり電池劣化と思ったがそうではなかったのだ。やれやれ。

[PR]
by tabitohon | 2018-02-15 09:35 | その他 | Comments(0)

駅前のムクドリのねぐら

a0074562_08584245.jpg
 先月、居酒屋からの帰り道に八王子駅の北口が妙に騒がしかった。音源は、北口広辺りを飛び回るムクドリの群れ。立ち止まって観察してみると、街路樹のイチョウの枝に鈴なりにムクドリが止まっている。
 冬が進んでムクドリは去ったかと思っていたが、数日前の居酒屋からの帰り道に再びムクドリの鳴き交わし風景に遭遇。とりあえずスマホで撮影してみたが、暗すぎてぶれた写真しか撮れなかった。
 そして昨晩、これまでよりも1時間ほど遅い時刻に北口広場へ。今回はミラーレス一眼カメラの望遠レンズをセットして用意。時間は夜の8時半頃。どうしたことか鳴き交わして飛び回るムクドリは見えず。イチョウの木を目で追うと、居た居たムクドリだ。
 八王子には随分長く住んでいるが、駅前がムクドリの住処になったのを目撃したのは初めて。よそではある事らしいが、糞公害で嫌われ者らしい。追い払う試みは色々書かれているが、成功・不成功が入り混じってまだ決定打はないようだ。
 大きさスズメよりはひと回り二回り大きく、ヒヨドリに近いが、丸い形なのでヒヨドリとは比べにくい。昔は焼き鳥で食べたと承知しているが、今では焼き鳥はタブーだろう。
 冬をこの場所で超えるのだろうか?

[PR]
by tabitohon | 2017-12-12 09:10 | その他 | Comments(0)

皇室の彩、天覧会よりTV観賞が楽

a0074562_13173023.jpg

 皇室寄贈された銘品を紹介する展示会、「皇室の彩」を見に行った。以前若冲の展覧会を見に行き、4~6時間待ちというありさまで断念して帰ってきた事があるが、待ち時間は重要なポイントだ。
 懸念しながら、会場の芸大美術館に到着したのは12時ころ。既に長い列が出来ていて、最後尾までたどってゆくと、学食前だった。案内のプラカードには60分待ちと書いてある。2時間待ちとなるとあきらめるのだが、60分待ちだと我慢の範囲内か。
 夫人と二人連れなので、交代で昼食をと相談がまとまり、列から離れて学食へと向かう。此方も満席の盛況だが、客のほとんどが美術館の見学者と思われる人達。数十人の列に並び食事を確保。テーブルも満席には近かったが、ちらほらとある空席へ座って急ぎ腹ごしらえ。
 食べ終わって列に戻ってみると、既に列の三分の二程進んだ先に夫人を発見。夫人は食事はあと回しにして入館することにした。待ちは約一時間程であった。
 入館してからも修業は続く。鑑賞者が展示物の際にへばりついて、列は遅々として進まない。肩と肩が触れ合う密度でひしめくのは疲れるものだ。空いていれば飛ばすところとゆっくり見るところを選択できるのだが、その余地は無くただただ流れに沿うしかない。
 既にTV放送の日曜美術館他の番組を見ていて、そちらの方が解説付きかつ鮮明な映像を見ているので。目の前に見る作品は念のための確認程度の見方しかできない。混雑を早く抜け出したい気持ちで、気が乗らない。
 TVで見た以上の発見は無く、混雑の中に2時間近く身を置いてようやく建学を終えた。やれやれ会期は11月26日まで。


[PR]
by tabitohon | 2017-11-22 13:21 | その他 | Comments(0)

墓参便利グッズ

a0074562_08533180.jpg
 百円ショップに出掛けたが、買う予定のものは品揃えがなくて他の物を衝動買してしまった。まあ百円だから良いか。
 買った物は写真の品。墓参の折に線香に火を着けるための、ライターの補助具。墓地は屋外なので風が在ったりしてなかなか線香に火を着けにくい日もある。体で風よけをしたり、物陰に身を寄せて火を着けるが、風が強ければ難儀する。
 そんな事情で写真の品に惹かれて買ってしまった。ライターは付いていないので、帰宅後に
セットしようとしたが、右の開口部からはライターが入らない。左の写真の説明書によれば、カバーを開いてセットするとある。
 透明のカバーが二つに開くのらしいのだが、開ける箇所が見つからない。止むを得ずに左右に強く押し開いてみたら、ふたつに割れた。なるほどそれでセットするのかと分かったが、装着後元の一体に戻そうとしたら、上の止め部分が壊れてしまったらしく最後がきちんと止まらない。それでも僅かな隙間なので使用上は差し支え無し。
 外し方は説明が無く不明のまま・・・。まあ百円だし、使う分には不都合が無いから良しとしよう。
 



[PR]
by tabitohon | 2016-12-03 09:25 | その他 | Comments(0)

車の塗装修理

a0074562_16143469.jpg
 車の塗装はとかく傷が付きやすい。そのまま放置しておくと、段々気にしなくなって次々に傷が増えてしまいがちだ。塗装修理に出すと万円単位の結構な費用が掛ってしまうので、なかなか修理には出しにくい。
 自己流の修理として、金属磨きや歯磨きを使って修理を試みて見ると、ある程度傷は消えるが全体的に曇りがか掛った状態になり鬱陶しい。方法に自信が無いから思い切った手当てが出来ないのが問題。
 何箇所か擦り傷や曇りが残ったままになってしまったので、この辺りでDIY的に正しく手入れをする気になった。修理材をネットで調べて見ると、当然ながら車の塗装修理用の研摩剤と言う事になる。
 荒さのランクがあるようで、一種類では間に合いそうもない。そんな中で選んだのが、ソフト99と言うブランドの研磨材。三種類の荒さの違う研磨液がセットになっていて、それぞれに研摩パッドも付いている。
 ネット通販で入手したものが写真のセット。番手が3000番、7500番、9800番
のセットだ。3000番と言うと、精密サンドペーパーにもある番手で、うっかりすると塗装がはげてしまう恐れあり。
 使用法の説明では番手の大きいものでやって見て、不足なら番手の小さい方へと
変えて見ると良いそうだ。
 以前に金属磨きで大傷を消したあとで曇りが残ってしまった所を先ずトライ。9800番では治らず、7500番の後で9800番に換えて見たら、奇麗に傷も消えて艶も出て
気にならないレベルになった。なお研摩の後の拭き取りに綿布を使うように案内があったが、なかなか綺麗に吹きとれない。マイクロファイバーの古タオルがあったので、これでやって見ると綺麗に拭きとれた。
 他の浅い擦り傷は7500番と9800番で修理出来たが、最後の挑戦は写真の大傷。無理かとは思いつつ3000番からやって見た。3000番でも傷が残っているように見えたが、構わず7500番に移行してみたら、何と残っていた傷が見えなくなった。
 7500番ではやや曇りがあるが、9800番で磨を掛けると艶が出て周りとの
違いが見えなくなった。凹み傷は直せないが、擦り傷はかなりのものまでこのキット
で直せそうだ。
 ちなみに研磨材キットの値段は千円強。塗装修理代としては安いものだ。


[PR]
by tabitohon | 2016-10-31 17:00 | その他 | Comments(0)

車の塗装修理

a0074562_16143469.jpg
 車の塗装はとかく傷が付きやすい。そのまま放置しておくと、段々気にしなくなって次々に傷が増えてしまいがちだ。塗装修理に出すと万円単位の結構な費用が掛ってしまうので、なかなか修理には出しにくい。
 自己流の修理として、金属磨きや歯磨きを使って修理を試みて見ると、ある程度傷は消えるが全体的に曇りがか掛った状態になり鬱陶しい。方法に自信が無いから思い切った手当てが出来ないのが問題。
 何箇所か擦り傷や曇りが残ったままになってしまったので、この辺りでDIY的に正しく手入れをする気になった。修理材をネットで調べて見ると、当然ながら車の塗装修理用の研摩剤と言う事になる。
 荒さのランクがあるようで、一種類では間に合いそうもない。そんな中で選んだのが、ソフト99と言うブランドの研磨材。三種類の荒さの違う研磨液がセットになっていて、それぞれに研摩パッドも付いている。
 ネット通販で入手したものが写真のセット。番手が3000番、7500番、9800番
のセットだ。3000番と言うと、精密サンドペーパーにもある番手で、うっかりすると塗装がはげてしまう恐れあり。
 使用法の説明では番手の大きいものでやって見て、不足なら番手の小さい方へと
変えて見ると良いそうだ。
 以前に金属磨きで大傷を消したあとで曇りが残ってしまった所を先ずトライ。9800番では治らず、7500番の後で9800番に換えて見たら、奇麗に傷も消えて艶も出て
気にならないレベルになった。なお研摩の後の拭き取りに綿布を使うように案内があったが、なかなか綺麗に吹きとれない。マイクロファイバーの古タオルがあったので、これでやって見ると綺麗に拭きとれた。
 他の浅い擦り傷は7500番と9800番で修理出来たが、最後の挑戦は写真の大傷。無理かとは思いつつ3000番からやって見た。3000番でも傷が残っているように見えたが、構わず7500番に移行してみたら、何と残っていた傷が見えなくなった。
 7500番ではやや曇りがあるが、9800番で磨を掛けると艶が出て周りとの
違いが見えなくなった。凹み傷は直せないが、擦り傷はかなりのものまでこのキット
で直せそうだ。
 ちなみに研磨材キットの値段は千円強。塗装修理代としては安いものだ。


[PR]
by tabitohon | 2016-10-31 17:00 | その他 | Comments(0)

車の塗装修理

a0074562_16143469.jpg
 車の塗装はとかく傷が付きやすい。そのまま放置しておくと、段々気にしなくなって次々に傷が増えてしまいがちだ。塗装修理に出すと万円単位の結構な費用が掛ってしまうので、なかなか修理には出しにくい。
 自己流の修理として、金属磨きや歯磨きを使って修理を試みて見ると、ある程度傷は消えるが全体的に曇りがか掛った状態になり鬱陶しい。方法に自信が無いから思い切った手当てが出来ないのが問題。
 何箇所か擦り傷や曇りが残ったままになってしまったので、この辺りでDIY的に正しく手入れをする気になった。修理材をネットで調べて見ると、当然ながら車の塗装修理用の研摩剤と言う事になる。
 荒さのランクがあるようで、一種類では間に合いそうもない。そんな中で選んだのが、ソフト99と言うブランドの研磨材。三種類の荒さの違う研磨液がセットになっていて、それぞれに研摩パッドも付いている。
 ネット通販で入手したものが写真のセット。番手が3000番、7500番、9800番
のセットだ。3000番と言うと、精密サンドペーパーにもある番手で、うっかりすると塗装がはげてしまう恐れあり。
 使用法の説明では番手の大きいものでやって見て、不足なら番手の小さい方へと
変えて見ると良いそうだ。
 以前に金属磨きで大傷を消したあとで曇りが残ってしまった所を先ずトライ。9800番では治らず、7500番の後で9800番に換えて見たら、奇麗に傷も消えて艶も出て
気にならないレベルになった。なお研摩の後の拭き取りに綿布を使うように案内があったが、なかなか綺麗に吹きとれない。マイクロファイバーの古タオルがあったので、これでやって見ると綺麗に拭きとれた。
 他の浅い擦り傷は7500番と9800番で修理出来たが、最後の挑戦は写真の大傷。無理かとは思いつつ3000番からやって見た。3000番でも傷が残っているように見えたが、構わず7500番に移行してみたら、何と残っていた傷が見えなくなった。
 7500番ではやや曇りがあるが、9800番で磨を掛けると艶が出て周りとの
違いが見えなくなった。凹み傷は直せないが、擦り傷はかなりのものまでこのキット
で直せそうだ。
 ちなみに研磨材キットの値段は千円強。塗装修理代としては安いものだ。


[PR]
by tabitohon | 2016-10-31 17:00 | その他 | Comments(0)

Windows8.1での廃版

a0074562_8491128.jpg

 基本のセットアップは、カスタマーサポートの助けで終了したが、その
先は個人的に欲しいソフトのインストール。
 先ずは古いワードのインストール。確か2000年ころのもので、その頃
買ったPCに付属していたオフイスのもの。頁設定等のマニュアル操作が
出来て慣れ親しんだもの。これはセットアップCDを入れても何の応答も
無く、8.1からシャットアウトされた。
 次はフォトショップのVer5。非常に古く恐らく25年位前のものだが、7で
CDからインストール出来て便利に使っているもの。今は無料開放されて
いるCS2のフォトショップが頼りになるが、Ver5は軽々としていて気楽で
使いやすい。慣れ親しんでいて手放し難いのだが、セットアップCDに対し
8.1は何も反応せずシャットアウトされた。但しCS2のインストールは問題
無く出来た。
 古いソフトはとりあえずここまでにして、次にプリンターソフトのインストー
ルに着手。かなり古いA3伸びサイズの4000PX。付属CDを入れてみたが
正常にインストールされず。
 止む無くメーカーのエプソンのサポートを受けて、何とか作動した。これ
とて順調簡単に出来た訳でなく。カスタマーサポートのあれこれとのトライ
の末の成果だった。
 次はA4サイズの顔料インク単能機のPX-101。コンパクトで安くて良い
のだが、最近はこの種の機種は廃版になってしまって入手困難な稀少品。
付属のCDでインストールしてみたら、素直な反応では無かったが自力で
インストール出来た。
 次は染料インクのA4単能機。我が家では最も古いプリンターながら、写
真用紙のプリントには染料インクが良いので最近は活躍の機会が多い。
 勇んでCDを入れてみたら応答芳しくなく、インストール出来ない。この
古さでは8.1は拒絶するのは当然か。エプソンのサポートに助けを求めた
が、エプソンもこのプリンターの8.1対応のソフトは造らないようで、PCメー
カーの汎用プリンタソフトのセットアップをヘルプしてくれたが、結論は動作
せず。打つ手なし。
 最後は多機能プリンターのPX-404A。これは最近モデルで、8.1に対応
と書かれており、すらすら問題無くインストール出来た。
 ウインドウズ10へのアップグレードでは、プリンタが使えなくなるリスクが
大きいと言われている。今のところ、7と8.1と比べて8.1が勝れているとこ
ろは発見していない。恐らく10にしてもメリットは感じられず、使えなくなる
ソフト等が増えるのが落ちか!
 今は7のPCをメインに使い、おいおい8.1のPCへ移行してショックなく
乗り換えて行く予定だ。
[PR]
by tabitohon | 2015-11-18 08:49 | その他 | Comments(0)