<   2009年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

カラオケ四苦八苦:エコーユニット

a0074562_4463915.jpg

 カラオケルームでの録音と家での録音を聞き比べてみたら、
全く印象が違う。どう違うかと言うとカラオケルームはエコーが掛かっ
ているので立体感が有るが、家での録音はそれが無いので半分練習
の効果が無い。
 家でエコー効果が出せないか? ネットで調べてみたら、エコーマイク
というのと、もりあげくんと言う簡易ミキサーの紹介があった。マイク単体
が手軽だが性能・効果に疑問があり、もりあげくんというのを試してみる
事にした。財布が傷む程の値段でもなく、マイクもついているそうだ。
 PCに継いで使うユニットなのだが、ほんとに小型軽量のものなので
手持ちのスピーカーと並べてノートPCのキーボードに乗せて使える事
になった。 電源につなげ、PCの音声出力に差込み、マイクを差し込む
と完了。
 エコーは強度調整が付いている。早速試みてみると、エコーが入る
時間差がちょっと長すぎる様で、エコーを強くすると違和感が出る。ぎり
ぎり絞った位置がよい。エコーありと無しではかなり臨場感が違い、まあ
狙い通りといえよう。
 マイクもかなり重くて、カラオケルームに近い練習が出来そうだ。カラオ
ケソフトは手持ちのDVDとネットの無料ソフトを使う。
[PR]
by tabitohon | 2009-06-29 05:05 | カラオケ | Comments(0)

ループハーネス

 絵画や写真を吊る上下調整式の吊り具の事を何と呼ぶか。
天井の下に取り付けるレールはアートレールというので、確か
アートハーネスだろうと思っていたら、知人からそれはペットの
葬祭会社の名前だと聞かされて仰天。妙な名前を付けたものだ。
 さて考案中の品は、ワイヤーではなくて繊維の紐を使い、上下
の調整はループ部分の大きさを変える方式なので、ループハーネス
と呼ぶ事にした。ハーネスは犬の繋ぎ紐なども呼ぶ言葉なので、よ
かろう。
 さて前回は釣り糸を使う案を進めたが、強度としなやかさ、伸びない
点においてうってつけだが、5色の着色が有るのが玉に瑕。吊るした
時に目立つのではと言う指摘も受けた。
 代替品を考えて思いついたのは、建築関係で使う水糸。水平を出す
為に使う糸だ。調べてみるとナイロンのマルチフィラメントかも木綿糸
なので、伸びと強度で不適合。
 更に建築関係を追ってみたら、墨壺用の糸に到着。これも基本は
ナイロン糸なのだが、中に一品、ハイテク坪糸なるものがあった。
伸びが少なく切れにくい強度が有るという。写真を見るとm僅かに
茶色気味だが、これなら目立たない。
 釣り糸に使うアラミド繊維とナイロン糸の混合繊維であるらしい。
山のようにある建築糸の中のたった一品なので何処で買えるか。
発売元に聞いてみたが、DIYショップという程の情報で、当てがない。
 駄目もとで、市内のDIYショップに出かけて見たら、たった二つ
在庫があって、早速買ってきた。試作してみたら狙いどうり。強度・
伸び・色目共に合格の糸だった。
[PR]
by tabitohon | 2009-06-28 05:30 | その他 | Comments(0)

年寄り扱い

 いきなり妙なものが東京都公安委員会から送られてきてびっくり。
70歳以上の運転免許更新には余計な手間隙が掛かるという案内
だった。
 高齢者運転講習会というのがそれで、実技と講習合計3時間と
5,800円を取られるのだそうだ。
 それではなくて、似たような講習もある。一つはシニア運転者講習
といって、費用は同じだが時間が3時間以上。
 更に分からないが、運転免許取得者教育でもよいとか。これは3
時間以上で、費用は教習所で異なるという。恐らく高いのだろう。
 そして最後に魅力的なコースも。運転能力を調べて、70点以下だ
と30分の講習2、650円のチャレンジ講習、 70点以上だと1時間
以上の講習で1,500円の支払い。
 いずれも教習所で行われるが、最後のコースがある教習所は限ら
れている。安くて時間も短いように思ったが、これがわなのようだ。
 高齢者講習が標準コースで値段時間も決められているが、その他
出来によって時間が3時間以上掛かったり、費用が余計に掛かるよう
に出来ているようだ。
 健保はまだ年寄り扱いになっていないが、こちらが先に来たか!
[PR]
by tabitohon | 2009-06-26 05:26 | 生活・健康 | Comments(0)

人間ドッグ

 定例の人間ドッグ受診に行ってきた。東海大八王子病院は今年で
二回目。去年はずい分空いていたが、今年は並みの混雑だった。
 昨年より低下した機能で気になったのは、聴力。左耳が高周波
4000HZが聞こえなくなっていた。いつぞや新聞報道で、若い人
が良からぬ所へ集まるのを防ぐために高周波の音を鳴らすという
案が出ていたが、なるほど年をとると高周波が聞こえなくなるらしい。
 それから肺活量。昨年より数値が少し下がったが、頑張りが足りな
かったか。カラオケ会を起こそうと言うのに、これではいけない。
 良くなっていたのは、尿の潜血反応。これは十年来有ったのだが、
今年は消えた。
 それから我がOB会の状況からマークすべき前立腺ガンの可能性
を示すSP値。これまでも安全圏だったが、今年は更に数値が下が
って安全圏。
 これまでご無沙汰していた内視鏡検査も受けた。昨年はX腺検査
で食堂ヘルニアといわれたが、今年は内視鏡でその辺りも肉眼視
出来た。酸が食道に上がってくる事があるので、若干のただれが見
えるがさしたる事は無く、胸焼けしたら胃薬を飲めばよい程度。
 他にも再検査項目があったのは例年の習い。結果が出るまでは
気にしないようにする事にした。ちなみにメンタルヘルス状態も良好
のようであった。
[PR]
by tabitohon | 2009-06-24 05:14 | 生活・健康 | Comments(0)

軽量簡易アートファーネス

a0074562_4394770.jpg

 この夏、OB会の作品展が図書館で開かれる。作品展担当員の
1人になっているので全般的に課題を探しだすのだが、アート・
ファーネスの問題がある。
 図書館の備品を使うのが通例だが、これがもう古くなっていて、
ワイヤに巻き癖がついていて軽いものを吊るした時はワイヤの曲が
りが悪さをする。
 養生釘で押さえ込んだりしているが、出来れば新品にして欲しい。
しかし新品は一つ数千円もするし、図書館が考えていなければ駄目だ。
 何とかならないかと考えた末に思いついたのが写真の作品。先ずワイ
ヤに変えて、釣りの道糸を使う。長さ調整用のパーツのは、黒い方は
市販品で一個120円。白い方は手作りで、殆どただ。糸は釣りに使って
古くなって払い下げにしたものを使えばただ。
 糸の強度は30Kg以上で、釣り糸で伸びが極く少なく出来ている。
ループの下にフックを付ける必要があって、これは一つ数十円はするだ
ろう。
 上下の調整はパーツを上下して行うので、会場のアートレールのフック
の高さにあわせて全体の長さを決めておく。上へたくさん上げるときは
パーツが高くなって作業しにくいのが欠点。
 何個か作って実用試験に進もう。
 

 
[PR]
by tabitohon | 2009-06-23 05:19 | その他 | Comments(0)

ナスの糠漬け攻略間近

 TVの漬物紹介番組で、ナスの糠漬けはあらかじめ塩をまぶして
少し間を置いて漬け込むと言うのを発見。
 塩をまぶして漬けるのはこれまでも経験があるが、まぶさないより
はましだが頑固ナスの丸い所の芯のほうまでは漬からない。
 ヒントを頼りに二つ割にしたナスにたっぷり塩をすり込んで、そう、
しめ鯖を作る時に鯖に塩をすりこむ位大胆にやってみた。放置1時間、
ナスの上にはかなりの水分が浮かんできて、塩は溶けてしまう。手で
押してみると全体が柔らかくなった気配。
 こんなに塩をすり込んでは塩からすぎて食べられないのでは?と思い
つつ翌日取り出してみると、全体にはぐったりと漬け込まれていて、口
に入れてみると、心配したような塩辛さは無い。しめ鯖の場合も大量の
塩を使うが、漬け込んで仕上がった時には余り塩辛さが残らないのと
同じ理屈のようだ。
 八割九割は良く漬かっているのだが、なすの丸い部分の芯の辺りに
浸かりきらない部分が少し残っているので、完成とは言えない。
 冷蔵庫保管したナスだったし、収穫後日にちが経っている為か。そこ
の疑問の解消になりそうなナス、娘の畑で採れたナスが届いたの
これを漬けてみた。結果は同じで、丸い所に少し芯が残ってしまう。
 次なる手を考えた。二つ割にしたナスの丸い所に内側から少し切れ
目を入れてやる。ここから塩が浸み込んで漬かるはずだ。塩をまぶし
て放置してみると、切込みがV字型に開いていて、全体に丸い所も
しんなりしている。変則・反則技かもしれないが、これで攻略間違い
無し。今日の夕方には結果が出る。
[PR]
by tabitohon | 2009-06-20 05:39 | 生活・健康 | Comments(1)

カラオケ四苦八苦:歌の録音

 OB会の役員会で同好会の募集が承認されて、いよいよスタート
か。ところでこの前の役員会メンバーでの試行会の殆どの歌を
録音しておいた。
 わざわざ録音機を買った訳ではなくて、海外旅行の本作り用に
毎回使っているレコーダーを持って行っただけ。
 録音した理由は、歌いながら自分が聞く声と、他人が聞く音に隔た
りがあるに違いなく、他人が聞く耳での音を聞いておいた方が良い
からだ。
 自宅で初めて自分の声の録音を聞いた時はたまげたものだ。自分
では何とかなっていると思った声が、他人の耳で聞くと恐ろしく悪声
なのだ。
 ここで止めてしまう手もあったが、何とか続けていると、他人の耳で
聞く声が、少しは進歩する事が分かった。それを頼りに練習したと言う
訳だ。
 カラオケルームでの録音は始めての試み。大サウンドの中での歌
声は、自宅の録音とはだいぶ印象が違う。いわゆるカラオケムード
の響きになるものだ。
 録音で聞きなおすと、歌いながら失敗とか声が出ないとかスリップ
したと思った所がリアルに再現されて、まだまだという反省の証拠が
得られる。半面、まあこのくらいに歌っていれば何とかという自信が
得られた効果もあった。
[PR]
by tabitohon | 2009-06-18 05:10 | カラオケ | Comments(0)

野菜の保存

 ナスは便利な食材だけれど、まだ攻略しきれない所が残っている。
それは糠漬け術。全体が満遍なく柔らかくなって味が浸み込む状態
にはめったにならない。ちなみに糠漬けはひかえめ氏の守備範囲で
ある。
 買ってきたナスの鮮度や栽培法が悪いのではと疑ったり、ネットで
糠漬け方を調べたりしても、未だに納得が行かない。
 そんな折、某TV番組で野菜の保存方法を紹介していたが、結構
びっくりが続出。ほうれん草や小松菜などは、生えていたのと同じく
根元を下にして立てる。
 これは既に他で聞いた事があるが、横に入れると野菜が立てにな
ろうとしてストレスが加わり味が損われるそうだ。網で捕った魚より釣り
で釣った魚の方が苦しむ時間が少ないので旨いと言う説と同じだ。
 さて驚いたのはトマトやナス、ピーマンなどはぶら下がって成るもの
だから、立てて保存せよと。更には冷蔵庫で保存してはいけないと。
さてはナスの糠漬けが上手く行かない犯人はこれか??
 ジャガイモや薩摩芋サトイモなどは冷蔵庫に入れない。しょうがも
入れない方がよいようだが、ナス・トマトは意外だった。詳しくネットで
調べたら詳細な解説が見つかった。それは、下記のアドレス。 
http://www.110831.com/vege_waza/09yasai_hozon.htm
[PR]
by tabitohon | 2009-06-16 05:29 | 生活・健康 | Comments(0)

パネル写真のプリント

 ひかえめ家には4台のプリンタが有って、それぞれを使い分け
ている。インクが顔料か染料か、最大プリントサイズがA4かA3
か、4色インクか8色インクか、詰め替えインクが使えるか使えな
いか。これだけ選択肢が有るわけだ。
 さてOB会の作品展の準備を始めたところだが、やや大仕事
は展示用のパネル写真作り。写真コーナーに飾る1枚物はすで
に作り終わった。裏に糊のついた写真用の光沢紙に染料インク
でプリンとし、スチロールボードに張り合わせて仕上げてある。
 問題は手作り本のバックに何時も展示している12枚のパネル
写真。数か多いので詰め替えインクの4色プリンタでプリンとする。
用紙はプラスチックベース糊付のマット紙。
 プリンとしたままだとマットの表面の反射があるから黒が締り
きらないので、表面に薄い透明なプラスチックを熱で貼り付けて
締めていた。
 これが良し悪しで、見る角度によって締りがよくなるが、角度が
悪いと別の表面反射が出て見にくくなってしまう。
 思案の末、マットの表面のままで仕上げて見る事にした。黒の
締りに深さがないが、無難な仕上がりになる。さて展示場に置く
まで気掛かりだが。
[PR]
by tabitohon | 2009-06-15 04:58 | デジカメ写真術 | Comments(0)

カラオケ四苦八苦1

 先日、OB会一世クラブのカラオケ同好会の試行会を開いた。
言いだしっぺがなんとひかえめ氏であったことは、本人にとって
は驚くべき事だった。
 参加者は6人。手を挙げて参加してくれた面々だけあって、さす
がの披露会・交流会となった。あらかじめエントリー曲5曲前後を
メモで用意してもらっておいて、端から入力したから待ち時間無く
曲が開始する。
 2時間強で、平均5曲合計30曲前後をこなし、熱戦は終了。
一点問題に気が着いた、懐メロ年齢なので同じ曲のエントリーの
可能性がでる。現にひかえめ氏の曲が一つ他のエントリーとダブ
っていたので、メモを見た瞬間自分の曲を消去した。
 メモで上位にランクした方を優先するか、そのままダブって歌う
か、恐らくダブルのはまずいのでは。
 昼間の時間は30分40円、ドリンク500円前後なので、1枚で
十分お釣りが来た。

 従来ひかえめ氏にとってカラオケは一番苦手、いやなもであった。
それで、酔っ払って麻痺した状態で付き合うのが限度で、諸所の
糠みそが腐る悪声。それがどうしてといういきさつは、又の機会に。
[PR]
by tabitohon | 2009-06-12 05:22 | その他 | Comments(0)