<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

和菓子朝顔の葉

a0074562_14523122.jpg

 夫人が作る和菓子「朝顔」の葉っぱ作りの依頼が舞い込んできた。
材料は柔らかでくっつきやすいあんこ。初め既成の抜き型を買う予定
であったようだが、売っていないのだそうだ。
 先ずやや厚めの発泡スチロール板に型をくりぬいて、そこに餡を詰
めて見たが、とても綺麗には抜き取れず、没。
 手で切り取るのは、手間隙掛かる上、不揃いでやっていられない。

 そこで思いついたのが、薄い型板を作り、薄く延ばした餡に乗せて、
型に沿って刃を入れて切り取る。刃については、手で切る時に経験済。
ナイフでなくて、細い針のようなものが適している。
 先ず型は、ペットボトルと同じような材質の食品容器の平らな板に
切り抜いた。
 同質の厚めの板に餡を延ばし、型板を当て、針の細さのピン先を滑らせ
て切り離す。型板を外して見ると切り込みの入った餡が台の板に乗ってい
る。切溝の外を剥がし取るのも大変なら、板から型取りした餡を綺麗に
引き剥がす事は不可能。万事休す。
 最後のひらめきは、和菓子をラッピングする非粘着性シートの活用。
このシートの上で餡を薄く延ばし、上の作業を行う。切り溝を入れてから
型板を取り外すと、外側の餡はくっつきやすい型板にくっついて、溝で
囲まれた餡は下のラッピングシートにくっついている。
 ラッピングシートから注意深く餡を剥ぎ取って、別のラッピングシートに
移し、上から軽く押すと綺麗な輪郭になって完成。ポイントはラッピング
シートだった。

 
[PR]
by tabitohon | 2009-07-31 15:42 | その他 | Comments(0)

首飾り、紐の修理

a0074562_1350965.jpg

 知り合いから、手作りのべっ甲ペンダントをプレゼントされた。
たくさんの候補からデザインで選んだのだが、後で紐の部分に
欠陥が見つかった。
 繊維紐の外に柔軟な外皮で囲んであるのだが、その外皮に
亀裂が。亀裂の部分を瞬間接着剤で固めて見たが、そんな
修理では駄目なようだ。
 キズの部分は端なので、切り取って金具を付け直せばよいの
だが、紐を引っ張ってみたが外れそうに無い。

 思案の末に、焼ききってしまう事を思い着いた。幸い金具が
黒っぽい酸化皮膜で覆われているから、焼いても目立たない
だろう。
 工具で掴んで、ライターの火であぶると、紐は焼け切れたが
金具の中に燃えない部分が詰まったままだ。はみ出した部分
を摘んで引いてみたが、千切れるだけで抜き出せない。
 次なる一手は、更に焼ききって穿り出す事。ライターの火で
更にこがしたが、つついても出てきそうにも無い。そこで登場
は、細いドリル。
 一番細いのを挿し込んで指でまわすと、中まで侵入。ドリル
の太さ分は焼きカスが取れた。次に太いドリルで滓を取ると、
今度は全通。
 紐を傷のところで切り取って、金具の穴に瞬間接着剤を詰めて
紐を押し込んで放置。予定通り修理が完了した。 
[PR]
by tabitohon | 2009-07-29 14:29 | その他 | Comments(0)

露地、夏の剪定

a0074562_12301082.jpg

 今日は真夏の暑さがやってきたが、連日梅雨の最中のような天候。
和楽庵の露地の植木も雨を吸い込んで枝葉を伸ばし、鬱蒼とした森
の雰囲気になってしまった。
 高枝切を長さ眼いっぱいに伸ばして伸びた枝を切るも、植木のてっ
ぺんの枝は切り落とせない。それから、枝葉をすき切るような剪定は
地上からでの操作では無理だ。
 今年は初めての試みで、真夏の今、植木の剪定をプロに頼んでみた。
恒例の秋の剪定は頼む積もりでいるので、露地の周りと玄関先の樹
に限っての依頼とした。
 結果は、見違えるようにすっきりした。それまで日当たりが完全に遮断
されていた地表にも木漏れ日が差し込む。向こうが全く見えないように
茂った枝になってしまうと、その下に生えて元気なのは苔だけになって
しまう。
 ところでその苔だが、木漏れ日が戻ってくると水分は逃げて、苔には
つらい環境になるか? 水遣りの補助はするとしても、せっかく地表に
敷き詰めた苔が後退してしまっては困る。
 この夏の経過で、来年の作戦を修正しないとなるまい。
[PR]
by tabitohon | 2009-07-26 12:45 | 和楽庵四季折々 | Comments(0)

ループハンガー量産

a0074562_1317778.jpg

 作品展まで後20日位。今回初登場のループハンガーも仕上げと
量産段階。最後の変更は、フックを釣具のスナップサルカンに変えて
完了。
 スナップサルカンは黒と白があるが、自然で目立たないのは白のほう。
釣具屋にあった最大の4号を選んだ。
 実用テストは、作品展の挨拶パネルを吊り下げてみてOK。更に
自作の写真パネルも吊り下げてみた。これ等は重さも軽くて問題なし。

 すべて仕様は固まって、必要な数の仕上げに取り掛かる。糸は店頭
にあったものでは足りなくて、他店から取り寄せ、更に発売元から取り
寄せて必要量を確保。スナップサルカンも店の在庫ぎりぎりで、2回足
を運んで確保。
 仕上がり品の保存は、糸が絡み合ったらアウトなので思案。写真の
プリントを入れるアルバム式のものを試したが。抜け落ちたり、嵩が
膨らんで納まりきらない。
 最終案は釣りの仕掛け巻きと同じで、薄手のダンボールに切り込みを
付けて巻き込んだ。こうしてたくさん作ってみると、いっぱしの商品みたい
に見えてくる。
[PR]
by tabitohon | 2009-07-23 13:45 | その他 | Comments(0)

剣岳 点の記

 久しぶりの映画。異常に早い8時半頃に映画館に着いてみて
びっくり。朝一番の上映はロビーのひとけは疎らなはずだが、子連
れ姿が溢れかえっている。
 改めて上映作品をみると、どうやらピカチュウが犯人であるらしい。
チケット窓口は全開で、更に臨時売り場も3っつ開いている。
 指定された席は通路際ばかりだったから、まさか満員?と思った
が、早朝上映としては異例の入りだが満席ではなかった。ちなみに
この日は2回の上映しかないので、子供向けに押されているのだろ
う。
 スクリーンが横にぐっと拡がって上映開始。さすがに日本アルプス
の山の姿がダイナミックに迫ってきてすばらしい。四季折々の姿を
見せて。
 時代は明治40年、当時の列車や風俗、山登りの姿も懐かしい。
話題の風雨・風雪に翻弄させられるシーンは徹底的に山でのロケと
言う現場主義と聞いているが、これがロケでの実写かと思ってみると
なるほどすごい。
 ストーリーは新田次郎原作なので、悪かろうはずがない。書いて
しまってはこれから見る人の楽しみを奪う事になる。
 久しぶりに良い映画を観た。
[PR]
by tabitohon | 2009-07-21 05:59 | シネマ・演劇&DVD | Comments(0)

パソコンが熱中症

 最近は熱中症の理解が進み、報道も多くなった。屋外だけでなく、
室内でも熱中症になると言う警告も出ている。
 さてひかえめ氏のノートパソコンがとうとうこの室内熱中症に掛か
ってしまい、一瞬肝を冷やした。
 最近妙に動作が重くなって、しばしばシステムの復元技を使って
凌いできたが、こちらの症状は小康を得ている。別の症状で、音を
司る機能が、時々瞬断する事があって気掛かりだったのだが。
 昨日の午後、突然使用中にシャットダウン。電源が一切こと切れて
しまい、何の応答もなし。心臓停止状態か!! あわててトライヤー
で冷やしたりしたが、駄目。
 夏場になるとPCの底板や排気が異常に熱くなるので、心配はして
いた。ベットの上で使うと廃熱ファンの所が塞がってしまうので、PC
の底板と隙間が確保できる様に追加の底板を作ってあるが、これで
は不十分か?
 さてここでPCの買い換えとなるとしんどい。心を落ち着け、3時の
お茶に取り掛かって、思案を巡らす事にした。そのお茶の途中で、
PCを起動させてみると、バンザーイ、蘇生していた。
 ヒートブレーカーが作動したのに違いない。しかしこのままでは
再発しかねない。PCの底板を良く観察して思案、PCの底板と追加
の底板の間の空間を更に広げる工事を施した。
 PCの高さが更に高くなってしまうが、手はキーボード面の上に乗
るのでまあ使えると思う。
[PR]
by tabitohon | 2009-07-17 05:30 | その他 | Comments(0)

ノンアルコールビール

 晩酌のスタートはローアルコールビールと決めている。のみ過ぎを
防ぐためと言えば、馬鹿な話と思う人もいるかもしれないが、これで
ビール1缶分酒量を減らすのだから悪くない話だ。
 若しローアルコールビールの味が劣るものだったら、これは本末
転倒。たくさん飲見比べて辿り着いた比類ない1っ種を愛飲している。
問題は入手出切るスーパーが1軒だけしかないこと。
 問題はこのスーパー。駅直結の便利な所にあるのだが、商品の
品切れが多い。開店直後には未だ補充商品が並びきらない事はある
のだが、このスーパーの魚屋の棚は商品ゼロに近い状態。
 さて問題のビールだが、開店直後に行くと品切れの事が多い。補充
は11時過ぎというのんびりさ。他のブランドのビールがどうかと言えば、
品切れ状態は無いように見える。
 さて昨日も品切れで、補充係員も見当たらないので、最近登場の
キリンのノンアルコールビールを試し買いしてみた。これは品切れどこ
ろか、溢れるほど棚に載っている。 値段は愛飲ビールの1.5倍。
ローアルコールが普通だが、これは完全ノンアルコール。
 さて晩酌のスタートに飲んでみたら、これがまずい。ぴりぴりする
炭酸水じゃー、という印象。普通のビールやビール類ではこんなに
落差は無いのだが、ローアルコールは味付けが難しいようだ。
[PR]
by tabitohon | 2009-07-16 06:00 | 生活・健康 | Comments(0)

カラオケ四苦八苦:イヤホーンの怪

 良い気持ちで歌っていても、他人が聞くとひどい歌に聞こえる事は
十分あることだ。他人の耳になって自分の声を聞くには、イヤホーン
を通して聞くと言う手がある。
 スピーカーセットにイヤホーン端子が付いているものを使っているが
これが便利。これにつなぐとイヤホーン経由で自分の声が聞こえるし、
ここに二股コンセント(100円で買える)をつけると、録音とイヤホーン
が同時に使える。
 さて問題はイヤホーン。外見は同じように見えても、中味はずい分
違う。久しぶりに耳穴式でなくて耳掛け式を使ってみたら、音が驚く
程リアルで大きく聞こえる。ICレコーダからの音を聞いても同じ。
 こんなに違うと、びっくりして耳穴式の海外旅行の飛行機で配る
イヤホーンを試してみたら。これまで使っていたものよりはるかに大き
な音が聞こえてくる。
 これまでのイヤホーンに合わせて録音すると、ばかげて大きな音で取ら
ないといけないので、音が歪んでひどい事になっていることが分かった。
 イヤホーンの変更で録音レベルを下げて、少しましな音になったから、
他人の耳で聞く自分の声が正確になって、駄目な歌は駄目という見境
が付くような気がする。
 イヤホーンの選びって、買ってみて駄目なのを棄てるしかないのかな。」
[PR]
by tabitohon | 2009-07-13 05:42 | カラオケ | Comments(0)

山百合

a0074562_5341565.jpg

 毎年季節になればその季節の花が咲くが、花の勢いは年々盛衰
がある。大方の野草は隆盛の後、衰退に向かうパターンをとる。
 衰退を防ぐ一つの手立ては植え替えで、植え替えたレンゲショウマ
の蕾が日々膨らんでいる話は先日書き込んだ。
 さて意外な進展を示したのが山百合。通販でユリ根を買って植えた
のだが、数年は元気に咲いていたが。その後段々勢いが無くなり、草
丈が低くなって花も小さく。やがて花は付かなくなったから、このまま
消滅かとも思った。
 その昔植えた株は段々大きくなって花数も増えて行ったが、あるとき
から衰退に向かってたちまち消えてしまった。
 さて消え掛かった今回の株だが、どうした奇跡か勢いを取り戻して、
今年は大きな蕾を付けたと思ったら、昨日大輪を一輪開花させた。
株の周りの環境が変わったと言えば、強く剪定したエニシダが枯れて
しまって日当たりがよくなったためか?
 来年の展開が興味深い。
[PR]
by tabitohon | 2009-07-11 05:49 | 花巡り | Comments(0)

ループハンガー作り

a0074562_4441829.jpg

 昨日図書館の抽選会に行って、来年の作品展の会場確保に
トライしたが、大外れ。ついでに会場の寸法を測ってきたから、
ループハンガーの長さが決められる。
 床面から1.5Mが標準展示高さ。そこから天井のフックまでは
1.6M。そうすると、糸は2Mで切り出せば結び代やループの
長さを引いても1.6Mに合うか。
 さてそれではと、大量生産に取り掛かる。先ずと言うか、手作りの
パーツはスライドコマだけ。かねて買っておいた百円ショップの
ポリ容器の蓋を切って平らな板を取り出す。材質はポリプロピレン。
 短辺約2cmの直角三角形になる様にアクリルカッターで筋目を切り
込んでおく。それから穴を開けるところにポンチで印をつける。
 切り離す前に1.5mmのドリルで三角に3個の穴を開けて、太い
ドリルで穴の面取りをする。
 それから切り離しだが、表裏から溝を切り込んで、残り僅かに
なったら鋏みで切り取る。
 切り取った面が不揃いや、三角の角の尖りを切り落とすには、爪
切が大活躍。ちょうど爪切で切れる硬さなのだ。出っ張りを整形
出来たら、爪きりのヤスリで直線を擦って仕上げ。
 とりあえず少し作ってみたから、糸を通して作ってみよう。
[PR]
by tabitohon | 2009-07-09 05:12 | その他 | Comments(0)