<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

山陰旅:竜頭蛇尾

a0074562_5293078.jpg

 当初の天気予報はオール雨マークで、ま、温泉につかって
くればいいかで家を出たのが、二日間は思わぬ好天に恵まれ
てビックリ。
 さて最終日はどう見ても午後の雨は確実な気配。観光の方は
日本三景の一つといわれる天の橋立と、その近くの伊根の舟屋
なるものの見学。
 名物に上手いものなしとも言うが、日本三景等と景色のほめ
言葉が付いても、各地を見慣れた目からすれば格別の事が無い
と、てんから期待せずに出かけた。
 ツアーでは海と内側の湖を仕切る砂洲を歩くのが標準コース
で、股覗きの展望台ルートは足弱の人向けの案内だったと知った
のは、歩き始めてからの事。歩く自信があったので、股覗きは
体験しない事になってしまったが、案内がまずい。ま、いいか。
 歩き初めに智恩寺というのがあって、そこの松に下がって居る
白いものに目が。普通はおみくじを結わえる物なのだが、ここで
見たのは小さな扇。
 一行は目もくれずに歩いて行ってしまったが、ひかえめ氏の
天橋立での唯一の収穫はこの写真。やがてポツポツ落ちてきたが、
何とか歩く間は小康状態だった。
 最後の観光は、この近くの伊根の舟屋。漁村の建物の一階が
船の車庫、車庫は変なの艇庫か? 漁船を艇と呼ぶのも抵抗が。
え、駄洒落じゃないよ。
 すっかり本降りになってしまい、珍しい事は確かだがこの風景
が最後。竜頭蛇尾の印象で山陰旅を締めくくった。」
 
by tabitohon | 2010-06-30 05:57 | 国内の旅 | Comments(1)

山陰旅:城崎温泉街

a0074562_5241774.jpg

 城崎には大型観光ホテルは似合わない。昔ながらの風情の
温泉旅館と沢山の外湯こそがその特徴。道後温泉も外湯で有名
だが、道後は外湯は一軒だけで、後は大型ホテルが沢山立ち並ぶ。
 これだけ外湯がある温泉街は城崎だけでは無かろうか。こじん
まりとした旅館群なので、一軒にバス一台分の客を泊めない
方針か、3軒に分縮する事になった。
 桂小五郎ゆかりの『つたや旅館』もその中の一軒であったが、
指定された宿は『喜楽』と言う宿。御所の湯のはす向かいで、
つたやからも近い中央通りの真ん中にある。
 分宿の場合、当たり外れがあって不愉快な事があるものだ。
去年の高野山の宿坊は外れで、あまり良い印象が残っていない。
 城崎温泉の場合、『部屋食』が売り物となっている。昔は当た
り前だった部屋食は、大型ホテルでは影を潜め、今や奇跡的にし
か残っていない文化だ。
 建物は最近の改築リフォーム済みのようで良好。部屋食も良質
適量。共に昨日の五つ星ホテルよりもこちらがましだ。
 温泉街は柳の植えてある川沿いに伸びていて、一の湯のある
辺りから川筋から離れる。町並みは古い建物の外観は残して居
て風情はあるが、飛騨高山の町並み程には徹底したものではない。
 大型ホテルが立ち並ぶ温泉街とは違う風情を残した、山陰の
湯宿を体験出来た。
by tabitohon | 2010-06-29 06:04 | 国内の旅 | Comments(0)

山陰旅:城崎温泉御所の湯

a0074562_526511.jpg

 遅くない夕方、城崎温泉に到着。外湯巡りと古い町並み
が売りの温泉で、一度来て見たかった所だ。
 志賀直哉の「城崎にて」が知られているが、今盛りの
『竜馬伝』に登場する桂小五郎が隠れ潜んでいた湯宿がある
事でも興味あり。
 竜馬伝では正に蛤御門の変の後、竜馬が西郷と逢う場面を
放送しているが、蛤御門の変で敗れた長州軍は山口に逃げ帰
り、リーダーだった桂小五郎は山陰の城崎近くに隠れ潜んで
いて、城崎温泉の「つたや」という今も営業意中の宿にも逗
留したらしい。
 城崎には今も古い小さな湯宿と七つの外湯があるだけで、
ホテルのようなものは無い。
 一番人気の外湯は『御所の湯』で、ここは近年統合改装した
ようで、人気があるのは当然。名前の由来はその昔皇族の入湯
があった為だそうだ。
 ひかえめ氏と夫人も真っ先にこの湯に直行したが、夫人湯の
方は大層な混雑だったらしい。ツアー参加の男女比を見ると
女性のほうが倍はいる事を思えば当然の成り行きか。」
by tabitohon | 2010-06-28 05:46 | 国内の旅 | Comments(0)

山陰旅:餘部の鉄橋

a0074562_5271252.jpg

 今回のツアーでは大阪在住のバスガイドが乗った。格安
激安のツアーではバスガイドは付かず、昼食も付かないのが
普通なのだが、今回は両方付いているので贅沢旅行なのだ。
但し売り物の五つ星の宿は裏切られた。
 このバスガイドには驚き。綾小路きみまろばりに口が回転
し、関東・関西・四国・中国、何処の案内も平気でこなす才
あり。人の名・年代等の数値もすらすら、ウイッキペディア
並である。
 さて次に向かったのは、この7月に廃線になる餘部の鉄橋。
山陰の山が海に迫る香住地方を走る鉄道の鉄橋だが、この余部
の集落のところで、地上41m、長さ310mの空中回廊とな
る。
 明治45年に着工,2年と22万人を投入して作った苦心の作、
マッチ棒細工のように鉄骨が頼りなく見える。
 集落は海抜ほぼゼロメートルで、餘部の駅は42mの線路に
在るので、その間は細い登山道のような急坂の森の中の道を
登る。路地裏のようなところを行き、迷子になりそうだ。
 すでにコンクリートの新しい陸橋が脇に平行して完成してい
る。古い鉄橋を残そうかという議論もあるようだ。撮鉄ファン
のターゲットでもあって、かなり無作法な撮影態度もあり、
顰蹙を買っているらしい。
by tabitohon | 2010-06-27 05:57 | Comments(0)

山陰旅:鳥取砂丘

a0074562_5364617.jpg

 次の定番ルートは鳥取砂丘。国内では最大といえども、諸
外国の物に比べれば箱庭のようなものだ。ただ海が運んでき
た砂の堆積で出来たと思うと、これだけの砂が溜まるかと感
心する。
 ひかえめ氏の砂丘体験は敦煌の鳴砂山。礫の多いあの辺りで
そこだけはさらさらの砂の巨大な堆積の広がりがあったのは
不思議だ。
 鳥取は海に臨んだ砂丘で水分はいつも供給されるためか、砂
が締まっていて歩きやすい。それでも貸し出し長靴があって、
長靴なら安心して歩ける。
 駐車場・レストランからの直進コースは傾斜も緩く踏み固め
られている。その両側の傾斜がきつくて踏み跡の無い辺りに若
者が踏み込んで行く。
 角度は20度位らしいが、手を突かないと上れない。一人大苦
戦の若者がいて、見ていたら、随分時間を掛けて上りきった。
 雨が心配な予報だったが、大はずれの晴天。日焼けが心配に
なるような砂丘であった。やれやれ。
by tabitohon | 2010-06-26 05:52 | 国内の旅 | Comments(0)

安達美術館

a0074562_5511634.jpg

 二日目の訪問は、安達美術館から。山陰ツアーの定番訪問
先は、出雲大社と安達美術館。カタログ写真で見ると、日本
庭園風であるが、全く違うもののようにも見える。
 田んぼが緑の田舎道を随分走って,ようやくたどり着いた
美術館の駐車場からは、何の気配も感じられないただの建物
が見えるだけ。
 それが、入場ゲートを中へ入るといきなりの別世界。はじめは
古い工芸品の展示がちょっとあって、それを抜けると、あの写真
でおなじみの白砂青松の庭園の端に出る。
 白い砂は枯山水の庭で見る事が多いが、緑の植え込みには普通
コケのグランドカバーの組み合わせが常識。異質の白のグランド
カバーと緑の植え込みのコントラストが、ミスマッチのようでも
あり新鮮な衝撃を与える。
 建物の反対側は緑の植え込みとコケで、従来の日本庭園風の作
りで安堵感がある。洋風の建物の窓越しの庭も、額縁に入れた日
本画のようでよろしい。
 絵画の展示は、先ずは絵本作家のコレクションから。さすがに
原画の展示は津和野の安野光雅記念館に良いものがあるが、ここの
展示も素晴らしい。
 そこを抜けると、白砂青松の庭の真ん中。石と白砂と緑の組み
合わせは正に作られた極地の印象。大勢の庭師が休まず手入れを
して、一分の乱れも無い。息が詰まるように整然としている。
 その先は横山大観他の、日本画の巨匠たちの大作の展示場。特
に動物を扱った作品は日ごろ見るアマチュアの絵ではほとんど見
ない物だけに、新鮮かつ驚き。
 その先が庭の終点で、折り返して出口に別ルートで導かれる。
二時間弱の見学時間では,絵画作品は駆け足で見るしかないが、
庭の見学は事足りた。
by tabitohon | 2010-06-25 06:33 | 国内の旅 | Comments(0)

ノイズキャンセリング設定

a0074562_531745.jpg

 山陰旅の途中ながら、ペンライトのノイズキャンセリング設定
問題に取り組んだ。大山の夜景のノイズが予想外に多かったので、
ノイズキャンセリングを入れた方が良かったかと。
 被写体は最近仕入れたランの花を。室内で望遠撮影。Pモードで、
先ずノイズキャンセル無し(左)。
 次にノイズキャンセル弱(中)で撮影してみると、ノイズは極端
に少なくなったが、解像がいささか甘くなった感じ。ノイズ以外に
色の厚さ豊かさが格段に良い。
 更にノイズキャンセルを標準にしてみると(省)、解像が更に
甘くなる割には他の画質の差は余り感じない。
 次にノイズキャンセル弱の画像をフォトショップでフィルター
処理してシャープネスを上げてみた(右)。結果は解像が改善され
ノイズキャンセル無しに近付き、色の厚さ豊かさが保存された。
 組み合わせとして、これが最良の結果。標準的にはノイズキャン
セル弱設定にしておこう。
 なおISO3200の場合はどうなるか? 次回の評価課題とし
よう。
by tabitohon | 2010-06-24 05:45 | デジカメ写真術 | Comments(0)

山陰旅:伯耆大山

a0074562_540212.jpg

 岡山から島根へ抜ける中国山地越えでの注目は、伯耆大山を
見る事。ほうきだいせんと読むが、ほうきと入れてもこの字は
出てこない。手書き入力でようやく。
 標高僅か1722mの山ながら、中国地方では一番に山だとか。
途中のバスの中では厚い雲に覆われて僅かに裾野が見えただけだ
った。
 この日の宿は皆生温泉の五つ星宿。期待して入館したが。部屋
まできてがっくり。かなり年季が入った温泉宿で、建物の随所に
痛みがあって、五つ星の期待には遠かった。
 この五つ星と言うのは、観光業者の投票で全日本で100軒を
選ぶものらしいが、たぶん基準が大衆向けの観光旅館と言うこと
なのだろう。それにしてもこの宿が五つ星とは信じがたい。
 公共スペースはそれなりに手入れが届いていて、夕食は最上階
9階の、伯耆大山の展望に良いレストラン。
 折から日没の時間帯で、ようやく姿を見せた大山の頂付近が夕
焼けに染まった。残照の光は弱く、ISO1600での撮影で、
こういったフラットな被写体では、さすがにペンライトのセンサ
ーノイズが目立つ。
 ノイズ除去をOFFにしての撮影だったが、ノイズキャンセル
設定を再度見直す必要がありそうだ。
 
by tabitohon | 2010-06-23 06:01 | 国内の旅 | Comments(0)

山陰旅:出雲大社

a0074562_530655.jpg

 出雲大社とすぐ分かるのは、拝殿の大しめ縄。参道の真正面
に見えるが、案内された通路は脇にそれて本殿の方から。
 伊勢神宮と同じで、本殿の建て替えが定期的に行われるようだ。
仮殿を作って神様をそちらに移し、抜け殻になった本殿の建て替
えに取り掛かるということで、今は本殿は工事用の覆いにすっぽ
り囲まれている。
 そちらを通って脇から正面に立つ拝殿の中へ。かの大しめ縄の
真下に立つ。大型バス一台より長いというが、拝殿の建物も大き
いので、印象はそれ程には感じない。
 それでも大しめ縄は出雲大社のシンボルなので一見の価値アリ。
5年に一度作り変えるのだそうだが、今のものはやや古びた印象
だ、わらの切断面が下向きになった所があるが、ここにコインを
投げ上げて挟まると縁起が良いと言われているとか。
 下から覗くと確かに10円、100円玉らしいものが何枚か
刺さっているのが見える。
 写真では人の位置が分からないが、右のほうで両腕を伸ばして
いる女性がしめ縄の真下に立っている。しめ縄の太さは背丈位
あるという事が分かる。
by tabitohon | 2010-06-22 05:47 | 国内の旅 | Comments(0)

山陰旅:♪さざれ石の~

a0074562_5461487.jpg

 神仏に頼むわけででは無いが、入院手術も無事に終わって
約三ヶ月。手術前の熊野・伊勢詣での次として、山陰の出雲
大社参詣に出かけた。
 新幹線で岡山へ出て、バスで山陰をめぐるツアーへの参加だ。
関東に入梅宣言が出たその日の出発で、天気予報は3日間雨。
とりわけ初日は大雨の予報。気が重い出発になった。
 岡山で降り始めた雨は中国山地越えの頃にはすっかり大降り。
天気予報も当たるものだとあきらめ状態。所が、山陰、日本海
側へ下り始めると雨が止んで、出雲大社に着いた時には、薄日
ももれる上天気。最後まで希望を捨てないようにとの啓示か。
 さて大社見学のスタート地点で、石くれのような展示物を発見
『さざれ石』と書いてある。あの国歌で登場するさざれ石のこと
らしい。
 そう言われれば、石が砕けて細かくなるのは常識だが、細かい
石が岩になるとは?? その疑問はこれまで放置したままだった
が、その疑問を解く物証が置かれていたのだ。
 石灰岩の石くれが積み重なった状態で雨に長い間さらされると、
雨で溶け出した石灰が再度析出する時に接着材になって石くれが
岩塊に変わるのだそうだ。なーるほど。
by tabitohon | 2010-06-20 06:25 | 国内の旅 | Comments(0)