<   2010年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

古城で高音にトライ

 先日のTV放送で、音痴克服法なるものの紹介があった。
音痴の原因は音域が狭いことで、特に高音域の音域を広げる
事が重要だそうだ。
 高音域の拡大法としては、ゲゲゲのきたろうの目玉おやじ
の声の真似をすること他が紹介された。
 ネットでの調べでも、同じように高音域の為の声帯筋を鍛
える事を解説している。
 振り返ってみるに、氏の場合も初めはごくせまい音域で、特に
高音は出なかったのだが、無理に高音の曲を歌い続ける内に少し
ずつ音域が広がってきた。
 音質を言ってはお終いになってしまうが、この際せめて高音域
を拡大しておこうと思いついた。特別の事をするのではなく、高
音の歌をトライするだけの話。
 かねて気になっていたが、とても声が出ないと思っていた曲が
ある。タイトルは古城。三橋美智也の歌で、澄んだ高音で聞かせ
る歌だ。
 手持ちのカラオケDVDの中にこのタイトルがあって、さっそく
やってみると、初回は予想通り後半の声が全く出なかった。
 日を置いてトライすると、少しずつ前進。これなら行けるかもし
れない。安定して音域が広がるのは長い先の話だが、可能性がない
話ではない。目標としてトライしてみよう。
[PR]
by tabitohon | 2010-08-30 05:53 | カラオケ | Comments(4)

DS750を使う

 手に持つと、重量感があって本物の道具と感じさせる。SW
類もメタリックな感触でよろしい。
 実用的には、液晶表示部の見やすさが気になるところ。正方
形で大きめの画面で、バックライトも十分に明るい。細かい文字
は読みずらい目になってしまったが、漢字の曲名等暗いところで
も読めるので満足。
 ボタン類の操作は、これまで使っていたG-10と同じ仕組み
なので、すぐに慣れる。ホルダーの数も同じだが、もっと多い方
が使いやすいのだが。
 USB接続はコード接続だ。ダイレクト接続にするには、大き
さと重さで無理だとすぐに納得。PCのUSBコネクタ部分は通常
せせこましいので、コード接続が正解だ。
 PC接続で充電可能は、最近の携帯他の機器で常識になりつつあ
るが電池を外して充電は煩わしいので助かる。
 さて肝心の録音だが、音を重視したモデルと言うだけに納得。
自分の耳で聞いている音の感じに近い録音が出来る。
 カラオケではマイクを使い、スピーカーからの音を聞くわけだが、
このモードで録音してみても違和感がない。これならカラオケの耳
として、他人が聞く音の確認として使えそうだ。
 最後の確認は、カラオケボックスで録音してみてどうなるか・・。
ついでながら、スタンド機能付きのケースは勝れものである。
[PR]
by tabitohon | 2010-08-28 05:46 | カラオケ | Comments(0)

DS750を買う

 いつぞやカラオケルームへキー合わせに行った折、自分の声を
録音して聞いたところ納得の行かないひかえめ氏である。
 随分前に買ったICレコーダーを使っているのだが、これの録音
マイク性能が悪いのではないかとの疑いが濃厚。その証拠としては、
自宅でハンドマイクからミキサーに入れて、直接ICレコーダーの
録音端子に入れた音、ICレコーダのマイクを通さない音は自分の
耳で聞く音に近いのだ。
 そろそろ買い替え時かと、ネット調査。値段との兼ね合いがある
が、DS750・DS700(オリンパス)が音にこだわった製品
であるらしく、ユーザー評価も悪くなかった。
 今年8月末に売り出すVR75なる機種はやや安く気を引かれたが、
まだ手には入らない。
 DS750と700の違いは、SDカードを入れられるか否かとい
う事で、4Gのメモリーは組込みなのでSDは必須ではない。もうひ
とつ750の付属ケースは、レコーダーを立てるスタンドが付いてい
るが、700のケースにはスタンド機能がない。これはかなり気にな
る項目だ。
 ネットの値段調査で発見したのは、中古品の値段。外箱に傷があっ
て未使用品。性能に欠陥があれば引き取るそうだ。値段は700の
新品価格やVR75と約同じ。
 今時の商品で外箱の傷位で壊れる様な商品は無いし、梱包技術から
言っても、外箱の傷位の衝撃は商品には伝わらないはずだ。
 注文の結果届いた品は、全くの新品。機能性能に損傷はなく満足。
使用レポートは後日。
 
[PR]
by tabitohon | 2010-08-26 05:37 | カラオケ | Comments(0)

フォトショップ問題

 PCの入れ替えに合わせて、フォトショップELを格安に売ると
いうショップの勧めでEL版に入れ替えたところ、使い勝手が随分
違って混乱中。
 昨日カスタマーサポート娘がやってきて、デスクトップPCに
入れ込んであるフォトショップと今度ノートPCに入れたのELを
比較してみた。
 ほとんどの機能はELの中に隠れていて発見出来たが、いくつか
はみつからない。
 日ごろ使っていてELでは満足できないのが、色補正機能。フォト
ショップではC-R,M-G,Y-Bの各色毎に独立して調整可能な
大きなスライダーがあって、微妙に色合い調整が出来るガELではこ
れが使えない。
 同じくフォトショップでは上の各色毎に独立調整出来るトーンカー
ブ調整やヒストグラム調整等が付いているが、ELでは各色別のトー
ンカーブ調整がみつからない。
 ELは簡易版なのだろうと結論を出し、旧のフォトショップ5を
平行にインストールすることにした。
 十年以上使い慣れて身に付いたソフトなので、やはり手に取るよう
に良い使い心地。EL版にも顔色調整などの便利な機能があるので、
平行使用が良いと思われる。
 やれやれ。
[PR]
by tabitohon | 2010-08-24 05:55 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

ノウゼンカズラ

a0074562_546046.jpg

 残暑厳しく、やることに手が付かないので書き込むことも
途絶えがち。
 この時期、元気なのが庭のノウゼンカズラ。よそ様のもの
と違って、雨が残る梅雨明け頃のつぼみは全部落ちてしまい
花にならない。
 立秋を過ぎる今頃の猛暑の中で、どんどんつぼみが膨らんで
花が咲くという具合なのだ。この時期は花がお休みの庭の中で、
一人目立つ存在になっている。アリがしつこくとりついているが、
アブラムシを運んでいるのか。
 サテこの画像処理にはフォトショップELを使ったが、これが
トラブル。最後に画像サイズを小さくして、名前をつけかえて保
存したら、保存した画像が開かないのだ。
 画像を開くソフトがみつからないというコメント。バカな、今
フォトショップELで作った画像だぞ。
 いろいろやってみた結果、名前の変更ののときに、半角の数字を
使ったのがいけないようだ。全角数字にしたら問題解消。半角が
いけない場合には事前に警告が出るはずだが、それは出ないのだ。
これまで使っていたフォトショップ5ではなかった問題だ。
[PR]
by tabitohon | 2010-08-21 06:01 | 花巡り | Comments(0)

PC外付けスピーカー

 PCの機種変更で手当てが必要な機能がまだ残っている。
その一つがスピーカー音量。旧の機種では音量調整のダイアル
ボリュームが付いていたが、今度のモデルはモニター画面上の
操作で調整するから、ワンテンポ煩わしい。
 但しボリュームの調整位置が目視確認できるのは良い。この
調整方法は受け入れるとして、問題は音量。旧機種よりかなり
ひかえめな気がする。
 カラオケ練習で一応使えないことはないレベルだが、十分な
音量とは言えない。DVD録画再生での音が小さ過ぎたり、音量
の評価は減点ものだ。
 そこで思い出したのが、昔買ったままで放置していたPC外付
けスピーカーで、USB 電源方式のもの。AC電源では煩わし
いが、USB電源なら億劫でない。
 マグネットのTDKの製品だけあって、平型のスピーカーの
左右の二つが強力マグネットでくっついてコンパクトに収納出来
るのもよい。
 サテ効果だが、旧PCではPC自身の音量と外付けスピーカーの
音量にさほど差がなかった様に思うが、今度の組み合わせでは、
音量は圧倒的に大きくなる。
 新PCではイヤホーン端子の出力が大きいのに対し、PC組込み
のスピーカーの音量が小さく設計されているのだろう。
 めったに無いことだが、旧PCでは大勢でDVD鑑賞は出来なか
ったが、今度はOK。カラオケ練習も適切音量で出来る事になった。
[PR]
by tabitohon | 2010-08-19 05:38 | カラオケ | Comments(0)

レンゲショウマ

a0074562_533764.jpg

 炎暑もピークは過ぎた様だが、まだ冷房は欠かせない。林床
に咲くレンゲショウマを庭で栽培するのは酷だが、何とか咲い
てくれる健気さを愛でて撮影に及んだ。
 通路から40cmほど高くした所が栽培場所だが、花茎の長さ
が30cmほどしかなく、電子ビューファインダーがなければ一眼
デジカメでは撮る気がしないアングルだ。直角に折曲がるファイ
ンダーの機能を生かしての撮影となった。
 下向きに咲く花で、上から見ても面白みがない。下から覗いて
花の形と透明感を鑑賞するので、普通に庭で眺めてはあまり受け
ない。こうして写真にして下から鑑賞すればこそ、この花の価値
を知ることになる。
 サテ、ブログに上げようと、画像サイズを小さくしようとしたら
フォトショップELの操作が分からない。前のPCに入れていた
フォトショップと同じ機能を探すと、大方の機能は場所を変えて
居るのが発見出来たが、画像サイズを変更する機能が不明。
 仕方なく画像をコピーして、古いデスクトップPC上のフォト
ショップでサイズダウンしてきた。
 フォトショップELでは各種自動補正が装備されているが、この
性能は未体験分野。好みに合うかどうか・・・。
[PR]
by tabitohon | 2010-08-15 05:54 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

腹式呼吸に挑戦

 カラオケ交流会も終わり、その先は秋・冬の行事に備える時だ。
歌える歌と歌えない歌の入れ替えも課題だが、ここでふと思い出した
のが腹式呼吸。 
 歌う上で腹式呼吸は重要な要素らしいとは思うのだが、どうすれば
腹式呼吸で歌えるか? ネットで調べてみたら、おぼろげながら想像
の中に入ってきた。
 腹式呼吸そのものは歌に限らず推奨されている。氏の経験では、
心臓のCTスキャン撮像であったか、腹式呼吸を続けて脈拍を下げな
いと撮影は出来ない。1時間半ほど椅子に座り、静かに腹式呼吸を繰
り返す内に、60台の脈拍が4^50台まで落ちてくる。
 話がそれてしまったが、普通の腹式呼吸は一気に吸い込んで長く
長くゆっくりはいてゆくのだが、カラオケでは歌いながらだからそう
云うわけではないだろう。
 早い話が腹を膨らませて呼吸し、上半身は力を抜いて動かさないよう
にする。背中と腹に意識を集めてやるのがコツのようだ。
 出来は分からないが、とにかくそれで歌ってみると確かに腹から声が
出る様な気がし、心なしか大きな声が。かなりたくさん歌っても疲れ
ないし、のどがかすれる事もないようだ。
 しばらくはトライしてみよう。
[PR]
by tabitohon | 2010-08-11 13:22 | カラオケ | Comments(0)

ソフトの機能が使えない??

 予想された事だが、ソフトがオフイスの2003から2007
にバージョンアップしたら、これまで使っていた機能が何処かに
雲隠れしてしまって使えない。
 2003でワード・エクセルの上の方のバーに出ていたファイル
なる機能が何処かに雲隠れした。それで、コピーやペースとが出来
ない。それからここで操作していたプリントも。
 プリントはCtrl+Pで出来ることを聞いて今のところ解決だが、
プリントレビューは??

 エクセルの行・列の挿入や削除はどこへ行ったやら?? 画面で
右クリックで2003のファイルと同じ機能が画面に登場するが、
交代に指定個所の指定表示が消えてしまい、機能と指定が両立しない。
 なぜか名前まで変わったメールソフトのライブメールでは、ファイル
がインジケータバーに出てくるのだ。

 今のところ文字化けの被害は出ていないが、何も不必要に機能の
指定方法など変えることは無いとおもうのだが。
 今日はひかえめ氏のカスタマーサポート娘が来る予定なので、解決
するとは思うが・・・。
[PR]
by tabitohon | 2010-08-09 05:37 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

CPRM録画DVD

 PCが新しくなると、ソフトの使い勝手が変わり、慣れるまでの
違和感が残る。ま、これは時間の問題だが、必要な機能がどこに
隠れているか探し出すのもひと仕事。
 先ずはお気に入りの整理に着手。旧HDに保存されていて移植した
項目の順序が入り乱れていて、このままでは探し出すのに往生する。
 利用頻度の高いブログやHPを一か所にまとめる。利用頻度が高い
カラオケも集めてくるのが一仕事だった。銀行や図書館、証券会社
等もあつめたが、その他は利用実態に合わせてでよかろう。
 さてこれまでCPRM録画DVD再生用と、カラオケDVD再生の音声
切り替えのために別買いでいれていたWINDVDのソフトが、セット
でインストールされていることが判明。はたしてその性能や??
 まずはカラオケDVDでチェック。カラオケDVDの場合3チャンネル
の録音があって、ボーカルが2チャンネル。ボーカルの選択は無しを
入れて4種あるわけだ。この選択機能はこれまでのソフトと同じで、
通過出来た。
 そしてもう一つの課題が、CPRM録画対応。地デジ放送の録画は
今やブルーレイかもしれないが、これまではCPRM方式でこれの再生
には苦労した。
 サテ撮りためてある録画DVDをセットしてみると、つつがなく再生
出来た。旧PCでは再生できなかった録画DVDに入れ替えてみたが、
再生できるぞ! これまでのトラブルの原因は不明のままだが、問題
は解決した。DVDドライブかソフトが原因で、DVDディスクの問題で
はなかったようだ。 
[PR]
by tabitohon | 2010-08-07 05:37 | デジカメ写真術 | Comments(0)