<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

パソコン、2頭立て

 ノートPCを買い替えと同期してウインドウズオフイスのバージョン
が2003から2007になったが、使い心地が馴染まない。フォトショップ
もSEに変えたら使い心地が悪い。ノートPCの液晶の画質が開き角度で
大きく変化してしまうので、写真の色調整の安定性が確保できない。
 ようやく酷暑が去って、作業に取り掛かる前にこれを解決しておこうと、
カスタマーサポート娘の出動を要請した。
 先ず、ノートPCのオフイスソフトは2007と2002か2003をダブルで
入れ、フォトショップもSEとバージョン5の2頭立てで入れた、恐らく
使い慣れた古いソフトを使うに違いない。
 もうひとつ、古いソーテックのデスクトップPCを初期状態にリセット
して、おもに写真の色調整に使う。理由はこちらの液晶モニターはほぼ
垂直固定で、多少見る位置を変えても色合いの変化が少ないので安定し
た色調整が出来るから。
 リセットと一言で言うが、それなりの時間を掛けて完了。それまで飽き
るほど長かったウインドウズの立ち上がりが、ウイルスソフト込みで1分
位になってすっきり。
 入れるソフトは古いオフイスと、フォトショップのバージョン5。昨日の
作業でここまで終了。後はプリンターソフトを入れるだけ。
 PCとソフトの2頭立て体制が出来、ノートPCが不調になってもメール他、
ほとんどの作業はデスクトップPCで出来るように仕上がった。
 後は作業をするばかりだが、この先はそちらが課題だ。
[PR]
by tabitohon | 2010-09-30 05:46 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

「教行信証」を読む 山折哲雄

 ひかえめ氏は浄土真宗の信徒である。生家は日蓮宗である
が、結婚を機に宗旨替えであるが、家と宗教がリンクしている
日本文化としてはそうなるのが当然であった。
 宗派と言うか寺によって随分教えや行事が違う事を身をもって
体験したが、嫁いだ女性は同じ体験をしていることと思う。
 その詮索は置く事にして、浄土真宗の親鸞聖人については、
そんないきさつからそれなりの興味やシンパの目をもっている。
 寺では一般の出版物の購読はあまり薦めず、むしろ否定的な
見解を示す機会が多いが、やはり反響のある出版については気に
なる存在だ。
 寺で毎月定期的に開かれている勉強会が何本かあるが、氏は
その中の真宗聖典輪読会と言うのに参加している。以前はこの会
は教行信証輪読会でああった。真宗聖典の中心は教行信証であり、
親鸞聖人の思想の集大成が教行信証である。
 漢文の読み下しで書かれた真宗聖典は、読むことは出来ても意
味を解するには遠い。輪読会は読んでも、意味の解釈には踏みこ
まない。
 そんな折、出版されたのがタイトルの岩波新書本である。さっ
そく買い求めて読破し、その中心テーマを教えられた。
 すなわち悪人が救済されるかというのが課題であると言う。悪人
の中で救済されない種類の悪人があるか、あるいは救済される道が
あるかというテーマが論じられている。
 見当違いになるかも知れないが、氏が思い浮かべたのが日本の
死刑制度の可否の議論。日本の世論では死刑を可とする意見の方が
多いように見受けられるが、救いと死刑を重ね合わせて読んでしまう
ひかえめ氏である。
[PR]
by tabitohon | 2010-09-27 06:35 | ブック | Comments(0)

ガイア上映会

 さすがの猛暑にお別れの昨日、渋谷でガイア7番の上映会が
あった。氏が所属するチネット97の主催。
 氏が渋谷のウイメンズプラザへ到着したのは、10時頃。予報の
雨がようやく降り始めたころだった。しかしそのあとが大変。30
分程遅れて到着したメンバーはずぶぬれ。靴の中まで水浸しだった。
 雷が鳴ったり、ひどい雨が降る中、客が集まるのが心配になる
程だったが、もう残り僅かの当日券を求めて早くも客が集まって来
て気がもめる事態。
 客が集まらないのも困るが、来過ぎた場合の臨時席の設営等や誘
導等、なかなか大変なものだ。
 氏は切符切りに立って、入場開始。もう始まってしまえば流れで
行くものだ。上映開始10分前、氏は今日は主催者あいさつのために、
舞台わきへ。開始2分前、舞台に立った。
 2分の予定なので話す事も無いのだが、ついつい時間オーバー。
注意が入って急ぎ終了。
 上映会と講演会は無事終了。打ち上げは近くの野菜畑というレスト
ラン。恒例の会場だ。龍村監督も出席で、氏は監督の向かいに座り、
隣に始めて参加の年配の人が。
 自己紹介で分かったのだが、この人も70歳。氏も監督も70歳で、
なんとなく意気投合。話が弾んだ。
 帰りも雨だったが、風は無かったのでぬれずに帰りついた。まず
まずの一日であった。
[PR]
by tabitohon | 2010-09-24 05:55 | シネマ・演劇&DVD | Comments(0)

秋ナスは

 ナス話の続き。きゅうりの漬物は、糠漬けに限る。しかしナスの
漬けものと言えば糠みそだけではない。
 前回地元農家のナスの糠漬けの話を書いたが、このナスは浅漬け
には当然良いはずだ。そこで仕込んから二日ほど過ぎた昨日の夕方
試食してみた。
 顔つき、色合いは上等で問題なさそうだ。指で押して固さを確認
してみると、大小かかわりなく全体にしんなりしていて、このテスト
も合格。
 そして食べてみたら、うまい。以前食べた山形のサファイヤナスや、
岡山のOOナスと遜色なく食べられる。
 すべてのナスがそうなるかと言うと、そうではなくて、スーパーの
ナスでやってみて美味く柔らかくならなかった事があるのだ。
 今回は小ぶりのものを選んでみたが、大きくなってしまったものは
どうだろうか。次なる課題だ。
 糠みそ漬けとどちらかと言えば、見かけや仕上がりの確実差から、
浅漬けに軍配を上げる。糠漬けは賞味時間が限定されるが、浅漬けは
長い間漬けっぱなしにして置いても、さほど味が劣化しないので、融
通がきくのもよろしい。
 秋ナスは浅漬けに限る、か。
[PR]
by tabitohon | 2010-09-21 05:41 | 生活・健康 | Comments(0)

農家のナス・野菜

 妙なタイトルだが、スーパーで買う野菜と近所の農家の野菜を
比べた話だと理解いただきたい。
 氏の家から北野へゆくには、半分は丘を下る坂道、半分は平坦
な道となる。坂道を下った辺りにまだ現役の農家があって、そこで
とれた野菜を小売している状況が、最近良く分かった。
 夫人がファンになって良く訪れて買ってくる。この中で氏が注目
したのはナス。他の野菜が予想以上に美味くて日持ちが良いので、
ナスも良いかもしれないと推定。
 はじめは慎重に、頭の部分は除いてへたの方だけ糠みそ漬けにし
てみた。これは問題なくうまくいった。
 そこで、小ぶりなのを選んで全体を二つ割りにしてトライ。おっ、
なんとこれもいける。ナスはダメだと思っていた糠みそ漬けだが、
どうやら道が開けたようだ。
 一説には、元気よく短期間に育ったナスでないと糠みそには漬か
らないと聞く。この夏の猛暑・日照りではそんな風に育つとは思え
ないのだが、秘密は農家の井戸。
 井戸水をかけてこの夏は育ててきたらしい。幸い山の下に位置し
ているので井戸水の湧きは良いはずだ。
 久しぶりに、浅漬けにもトライしてみるか。
[PR]
by tabitohon | 2010-09-18 06:32 | 生活・健康 | Comments(0)

100円タオル

 手術から半年、いや退院後半年が過ぎた。はじめに想像した
よりも回復はゆっくりだという印象だ。離島の旅行にも行った
し、何か出来ない事があるわけではないが、まだ体そのものが
気になる存在なのだ。
 特に回復途上だと思いだすのは、風呂に入るとき。裸の体に
は切り開いた傷跡がくっきりと残っている。そのラインが当初
は真赤で痛々しかったが、最近は色が褪せてきた。
 ただし体を洗う時に、この傷の上だけはそっとなぜるか、タ
オルは当てないようにしている。

 そのタオルの話だが、傷の部分が過敏状態になってみると、
普通のタオル、ループ状に糸を起毛させた織の物は当たりが
きつすぎる感じ。
 手ぬぐいのように起毛のない物が肌の当たりは良いのだが、
薄すぎてこれも扱いにくい。
 以前書いた事があったか? 普通のまともなタオルは大き過ぎ
る感じなので、100円タオルなら小型かと買ってみた。これが意
外な作りで気に入った。
 片面は長いループ状の糸の起毛があって、普通のタオルと同じ。
所が反対の面はほとんど分からない程度の短い柔らかい起毛で、
タオルと同じような肌触り。
 布の厚さは普通のタオル並みで、手ぬぐいより扱い良い。もう
ひと月以上になるが、柔らか面は固くならず。これは勝れもの、
100円だよ!
[PR]
by tabitohon | 2010-09-16 05:33 | 生活・健康 | Comments(0)

エアコンの温度設定

a0074562_5171058.jpg

 一日延ばしに猛暑が居座って居るけれど、今日からは楽になる
とか。ほんとかね? うそつきさん。
 あまりの暑さに庭へも出ないようにしているが、夕方の水やり
だけは仕方なく外へ出て、その後なるべく早く風呂に入ってしまう
というありさま。
 それでも暑さには関係なく花は咲くもの。白花の芙蓉が暑さにめ
げず大きな花を咲かせ始めた。つぼみの数は半端じゃあないし、木
もかなり大きくなってしまったので、秋の半ばまでは咲き続けそうだ。
シュウメイギクもつぼみが膨らんできた。
 家にこもっていて書き込む種がないが、無理やり思いついたのが
エヤコンの温度設定。
 例えば室温が29度の時に30度の設定でONすると、ちゃんと
作動して冷やしてくれる・・。これって、不思議じゃあない。
 そこでこの家の標準設定温度の30度で運転した場合、室温は何度
になっているか? 放射温度計で測ってみたら、約28度だった。2
台のエアコンで同じ答えだったからこのような傾向にあるのだろう。
 エアコンのセンサーがある場所と部屋の下の方の空間の温度差が原
因だろう。
 30度で運転しているつもりだったが、実際は28度だった訳だ。
熱中症予防や、省エネで推奨される冷房温度はどっち? 2度の温度
差は大きいと思う。
[PR]
by tabitohon | 2010-09-14 05:35 | 生活・健康 | Comments(1)

悪運極まれり

 昨日はOB会の作品展会場の抽選に参加するために、
図書館に出向いた。抽選担当者は別に居るのだが、臨時の
用事があると云うので代役となった訳。
 以前抽選担当を引き受けた事があった。競争倍率が約4倍
なので、4回もやれば合格になりそうなものだが、記憶は確
かではないが、6回くらいくじを外し、抽選係を降りた経過
がある。
 それで、今回もだめだろうと云う気持と、憑きが変わった
かもと言う気持ち半々で会場へ。
 先ずいけなかったのが、駐車場確保。開館10分ほど前に
到着したが、すでに満車で待ち車が一台あり。仕方がないの
辺りのコインパークを探して入れる。
 開館時間に間に合って会場へ。抽選なので急ぐことは無い
と思ったが、受け付けは最後尾の12番となった。
 初めにくじを引く順番を決めるくじと言うのがあるのだが、
このくじは受付順に引く。それで受付12番は残りくじなので
引かなくても自動的に決まる。結果はなんと12番。まさか。
 本番くじはこの順番くじの順に引いて、1~4番が出た人が
当たり。12番の人は引かなくても自動的に結果が出る。本番
くじは前半はずれが続出して後半の確立が高くなり始めたとこ
ろで当たりが集中。
 残り一つが出ないまま終盤に。後二人の所で当たりが出てし
まい、あえなく撃沈。どうでもよいが、残りくじをとってみたら
なんと、12番。
 結局この日は全部12番揃い。ロイヤルストレートフラシュでは
ないか!!悪運の。これで悪運を使いきったと考えよう。
[PR]
by tabitohon | 2010-09-08 05:43 | その他 | Comments(0)

借りぐらしのアリエッティ

 酷暑の中ながら映画なら良かろうと、遅ればせながらの
借りぐらしのアリエッティ鑑賞に出かけた。
 今回は午前の上映は無しだったので、夕方の上映を選んだ。
午前の場合、お昼を食べて来たりすると、結局は1日仕事のに
なってしまうが、夕方ならそれまでの時間がかなり使い物に
なる。
 さて公開後これだけ日が経っているから、空いているだろうと
予測通り、広めの会場に数十人の客であった。あるいは朝の部
があったら、もっと空いてたかもしれない。
 前回のポニョ程の評判はとっていないので、どんなものかと
思ったが、さすがにジブリの作品。まず映像が奇麗。リアリテ
ィイがあふれ出すような精密で奇麗な画面だけでも鑑賞価値あり。
 物語は比較的単純で分かりやすいのは、これまでのジブリ作品
とやや違うか? 演技に相当するのか、画像の作り方、小人の
視点で描いた画像の作りや動きの設定も十分楽しませる。
 2荷時間をかなり切った上映時間の中でのストーリー展開は、
押しつけがましく長くなく、あっさりしていて良かった。

 別件ながら、昨日書き込んだプリントの色違い問題。その後
プリントを続行する中で自然に解消してしまった。消費が少なく
て滞留していたインクが悪さをしたか???
[PR]
by tabitohon | 2010-09-07 05:35 | シネマ・演劇&DVD | Comments(0)

プリントの色違い

 連日の熱中症猛暑にはうんざり。徒歩の外出は控えている
日々である。気分転換に、在庫薄になっていた手作りの本の
制作を始める気になった。もう半年以上手をつけていなかった。
 文字の頁はタイトルを太文字に修正を思いついて実施。元
データにちょっと手を加えるだけでかなりインパクトが強く
なる。
 写真ページのプリントに取り掛かり、問題発生。前のプリント
とかなり色が違うのだ。赤がどぎつくて黄色が少ない。データに
は手を加えていないし、プリンタもインクも同じ?
 違うと云えば、フォトショップだけだが、データは前のフォト
ショップで作ったものを新しいフォトショップで開いているだけ
だ。まさかそれで変わるなんて。
 疑う場所が他に思いつかないので、フォトショップのVer6
が入れてあるデスクトップPCで開いてプリントしてみたが、色
違いは戻らない。
 原因不明だが、色違いを修正してプリントしないと使えない。
この修正がフォトショップのELでは自在に出来ない。デスク
トップPCのフォトショップVer6なら何とかこなせそうだ。
 とりあえずのしのぎは付きそうだが、思い出せばプリンタの
インクを詰め替えインクに変えた時のに色違いが発生、しばらく
使っているうちうに自然に解消してしまった事がある。
 久しぶりの稼働で何かインクに絡んだトラブルかもしれない。
これまでの本のプリントデータを全部修正と言うには願い下げ
荷してもらいたいものだ。
[PR]
by tabitohon | 2010-09-06 05:46 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)