<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

坂の上の雲とマダガスカルと手作りの本

 NHKの「坂の上の雲」の最終回が放映された。前回と最終回は日露
戦争の日本海海戦が舞台となって描かれた。バルチック艦隊と連合艦
隊の衝突であった。 
 バルチック艦隊に関してすぐに思い出すのは、マダガスカル。この
坂の上の雲でも、ワンショットマダガスカルについて触れるシーンが
あった。
 そのマダガスカルにエコツアーで出掛けたのは2007年の春。空港で
出迎えてくれたのは40歳前後と思われる日本語ガイド。空港から訪問
先へ出発する待ち時間の間に交わされた会話の様子は、ひかえめ氏の
書いた「奇境 辺境 マダガスカル」と言うタイトルの、全手作りの本
に書き込まれている。
 彼の言葉を引用した部分では、「一九〇二年、日本とロシアは戦争
したんだよ!その時にあのー、お腹の太ってる人・・。≪ステッツェル≫
その時はマダガスカルはフランスのフランスの植民地だったけど、日本
とロシアの事をマダガスカル人は知ってました。ロシア艦隊への補給を
遅らせて、日本を助けたんだよ。私は高校の時に日本の歴史も習いまし
たよ」と、マダガスカル人は日本びいきなのだ。
 この件を調べたひかえめ氏は、このマダガスカルでの状況を小説にし
「アイアイの目」と言う(西本正明[孫文の女]文芸春秋)作品を探し出し
最終章に要約8頁を書き込んだ。
 今回の放映で思いがけず2007年にタイムスリップさせられた。
by tabitohon | 2011-12-26 05:41 | 全手作りの本 | Comments(0)

お気に入りの整理

 PCは生活必需品になっているが、なかでも利用頻度が多いのがネット
情報。本や新聞を見るよりも、まずはネット検索と言う事になる。最近
は夫人もネット検索技を習得して、自力で情報取得が出来る様になった。
 所で、検索したサイトで、気に入りの物はとりあえずお気に入りに保
存。もう一度頭から探そうとすると意外に探せない事が多いし、手間暇
が大変だから。
 数えた訳ではないが、項目が100とか200になって、時系列で配列
されているから、今度はお気に入りから探し出すのが大変。アドレスを
クリックで移動するのも移動距離が長いから諦め状態。
 不用品は暮れの大掃除で捨てるとしても、何とかならないかと。そこで
思いついてやってみたのが、お気に入りのファイル管理。デスクトップに
分類別のファイルを作って、そこにお気に入りを分類移動する。新しい
お気に入りも溜まったら分類ファイルに移動して整理すると言うトライ。
 やってみたら、コピペで簡単にデスクトップのファイルに移動出来たか
ら、引っ越し後にお気に入り欄から削除。デスクトップのファイルからは
エクスプローラを開かなくとも直接望みのサイトが開けると分かった。
 ここまでが第一段階。次なる改革はファイルに移したサイトのタイトル
の変更。一目では中身が分からないタイトルを、分かりやすいタイトルに
名前変更出来るか?? 名前の変更でやってみたら、簡単に変更出来た。
 変更したタイトルでアクセスしてみたが、何の問題も無い。これで、ひ
と目で中身が分かるアドレスファイルが出来た。念のため、ファイルはD
ホルダーに保存。
by tabitohon | 2011-12-24 05:51 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

RAW現像、DxOを買う

a0074562_514459.jpg

 かねてより注目のRAW現像ソフトDxOのV7が発売になって1カ月程
が過ぎた。このソフトは使えるカメラとリンクしていて、手持ちのEー
PL1には当初から対応していた。
 V7の発売当初はE-PL3などにはRAW現像対応していなかったのでち
ょっと待ち。12月中に対応とアナウンスしていたのが、月半ばで対応
状態になったので買う事にした。
 その前にRAW現像の効果を最後に検証。夫人の作った和菓子の撮影は
時折依頼されるが、ライティングまでは手が回らないので自然光で撮って
しまう。
 その結果光の廻らない部分が陰でつぶれてしまうのが不満だったが、
DxOのHDR(ハイダイナミックレンジ)処理での効果を最後に見て見た。
写真の左はフォトショップ(PS)で明るさ・コントラスト・トーンカーブ
等調整した結果。
 右はDxOのHDR処理の結果。影の部分のつぶれは随分と改良されて、効
果有りと分かる。ハイライトから中間部の再現は好みがあるから硬すぎる
という声もあるかも知れないが、これを起点にPSで処理すれば好みの調子
に仕上がるはず。
 所でネットでの購入・ダウンロードは初体験。体験版のダウンロードとは
違って色々複雑。使える状態まで持ってくるのにしばしてこずったが、なん
とかこぎ着けた。
by tabitohon | 2011-12-19 05:34 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

Wordで年賀状

a0074562_12544985.jpg

 これまで年賀状は専用のソフトで作ってきた。もう10年以上使った
古いソフトで、いろいろ使いにくい個所がある。最近はワードの使用
が増えて来たので、この先はワードでの年賀状作りに乗り換えようと
トライ。
 氏の年賀状は前回の例で説明すると複数の文字のブロックと写真の
ブロックの組み合わせになっていて、各ブロックのサイズと位置、中身
の文字の大きさ配置等を調整した構造となっている。これは年賀状ソフト
を使って作った。
 今回はワードでトライ。はがきサイズの用紙に余白ゼロ設定。凡その
写真の位置にカーソルを合わせて写真を張り付ける。
 次にトップの位置に文字サイズを決めて頭書きを書き込んだ府が、実は
これも文字枠を挿入して入れた方が良かったと反省。
 以下各文字ブロックを順番に入れて位置調整と枠内文字の書き込みの
フォントやサイズや位置の調整を繰り返す。
 PCには2002のワードと2007のワードと二つ入れてあるが、初めは
使い慣れた2002で進めた。所が文字枠内の文字を8Pより小さくしようと
すると、受け付けない。
 困った末に一旦保存して2007のワードで開けて作業再開。こちらでなら
8P以下の任意のサイズの設定が出来た。文字枠の位置調整や写真の位置
調整にも行の幅を決める文字サイズの変更が必要だが、2007なら自在に
小さく出来て好都合。
 古い年賀状ソフトのトラブルは、モニターの文字位置とプリントの文字
位置が一致しない現象ががあること。それがワードで解消したのと、出来
たファイルが特別なソフトでなくても開けられること。
 裏面はワードに乗り換えたが、表書きは住所録ファイルと連動している
ので、専用ソフトがまだ捨てきれないか・・・。
 
by tabitohon | 2011-12-13 05:49 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

ソフトトラブルから自力脱出

 PCトラブルがあると、身内のカスタマーサポートの娘のヘルプで
解決してきたひかえめ氏であるが、その娘がただ今海外旅行中。その
さ中にソフトトラブルが発生してしまった。
 U-TUBEの動画を見るにはフラッシュプレイヤーと言うアドビ
のソフトが必要であるらしいのだが、昨日突然動画画面が開かなくな
った原因はこのソフトらしかった。
 画面の添え書きに、フラッシュプレイヤーのバージョンが古いからと
あって、新しいバージョンのダウンロードの案内が出ていた。案内に従
って実行すると完了の表示が出るが、その後動画ファイルを開いてみる
と事態は解決していない。
 更に色々試みて見るとセキュリティーソフトが作動しているとダウン
ロードの障害になる場合があると注意書き発見。とりあえずセキュリテ
ィーを一時停止してみたが駄目。
 色々やってみたが駄目で、カスタマーサポートもしばらく帰国しない
予定。さじ投げ状態となって、駅前のパソコン対面修理に電話してみた。
診断料が3,150円で、症状から推定全費用は6,300円位だと。
 完全予約制で、その日は午後4時以降で無いと受けられないと。夕方
は用事があるので翌日まで保留することにした。と、ここまで来て思い
付いた策がひとつ。
 過去に重くなったPCの復元に有効だった、システムの復元技の活用。
昨日まで健在だったソフトなので、昨日以前の状態にすれば復旧するはず
と考えた。
 復旧技は昔の新聞の囲み記事にあったのを保存していて、それを取り出
した。案内に従って操作してみたら、二日前の復元点の日付けがあって、
これであればその後にソフトを入れた覚えが無いので安全と判断。
 復元を実行してから動画ソフトを開けてみたら、バンザーイ。トラブル
は解消出来た。ヤレヤレ。
by tabitohon | 2011-12-10 05:42 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

Cドライブから引っ越し

 これまで自分では手を掛けずに使ってきたPCだが、最近OB会の
同好会の集まりでの刺激を受けている。その一つが安全・トラブル
対策。そう言えば、外付けのHDDにファイルを移しておくことは
かなり前から実施中。
 今回確認したのはCドライブの中身。一説ではソフトはCに入り、
その他の作成したファイルなどはDドライブに入るのが普通とか。
 ひかえめ氏のPCを見たら、なんとリカバリー以外は全部Cに入っ
ている。これではDが無駄になるしCが重くなる。Dに入れておけば
CにトラブルがあってもDの物は救われるとか。
 そこでCのファイルの引っ越しにトライ。ファイルのほとんどは
デスクトップからアクセス出来る様にアイコンを作ってあるが、そこ
からコピーを作って、マイコンピューターでDドライブを表示してそこ
へ張り付けた。
 移したコピーからアイコンを作って、アイコンのコピーをデスクトッ
プに張り付けて見たら、アイコンはCに収納されている。フォトショッ
プを起動してこのアイコンからファイルを開いてみたら、一部表示され
ないファイルが出て、この方法では駄目となった。
 やり直しはDに移したファイルからアイコンを作る所まで同じ。その
アイコンをコピーでは無くてドラッグでデスクトップに移動してみた。
移動したアイコンの収納先を確認したらDとなっていた。PSでの確認
もOK。
 コピー元のCのファイルを消去して引っ越し完了。新しく作ったファ
イルをドラッグして作ったアイコンに入れると、Dのファイルに収容さ
れる事を確認。
 とりあえずこれでかなりのファイルをDに引っ越しCが軽くなった。
但し、新しいファイルが自動的に収容されるのはCであるのは変わらず。
又、全部ソフト以外を全部Dに移すとDが一杯になるが、それは外付け
のHDDに移すか・・・・。
by tabitohon | 2011-12-08 05:31 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

RAW現像入門 現像ソフト

 ネットを頼りにRAW現像に入門したのだが、ネットの中に現像
ソフトの解説や評価が何本か見つけ出せる。
 その中で自分に合ったソフトを見つけ出す訳だが、とりあえず
3本に絞ってある。一本は使っているカメラのメーカー提供の無料
品、OLYMPUS Viewer2。
 次は無料ソフトで高性能と評価を読んだ、RAW TherapeeV4
それから有料だが手頃な価格で高い評価を読んだことのある
DxO OpticsPro6。最近7にバージョンアップされたが、まだ
V7は試用はしていない。
 気に入りはDx0。値段は一般向けの物で、今はキャンペーン中で
約1万円。プロ用は約2倍の様だ。違いは対応しているカメラとレンズ
がプロ用の高級品まであるか無いかで、ソフトの性能の差は無いの
だそうだ。
 他にも日本製の物やフォトショップ系の有料品があるが、2^3
倍の価格。DxOの大きな特徴は個別のカメラやレンズ対応になって
いる事。
 例えばV6ではE-PL1に対応していたが、E-PL3には対応していな
かった。V7でE-PL3対応可となったが、重要項目が12月末対応。
更に追加項目が2012年3月対応の予定。
 レンズの周辺光量低下補正やディストーション補正等を個々のレンズ
のデータに対応させているらしい。
 何れ買う予定だが、その前に試用してみるかな・・・。
by tabitohon | 2011-12-05 05:33 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

RAW現像入門 ノイズ除去

a0074562_52907.jpg

 RAW撮影・現像に惹かれる項目のひとつがノイズ除去処理。
カメラを買うと、各種設定の中にノイズ除去の項目があるが、どこ
に設定したら良いか迷う。又その設定の影響にも中々思い至らない。
 上の写真はノイズ除去の設定と後処理の検証を行ったもの。左は
ISO400で撮影し、ノイズ除去設定は弱。低感度撮影で中央部
を拡大表示したもので、比較の参考用。
 二番目はISO 1600でノイズ除去は弱。ひどいセンサー
ノイズが出ていて不快感が強い。
 三番目はISO 1600でノイズ除去は強。ノイズは消えているが
細部の文字情報が読めない点では二番目と同じ。
 右は同じ原画のRAWデータをDxOで現像する際にノイズ除去
レベルを調整したもの。ノイズが見にくく無いのを最優先させ、文字
もなるべく自然になるよう考慮。良く読めるとは言い難いが、三番目
よりましで、集団で色がにじんだような感じにならない。
 その差はノイズ除去ソフトの差であるようだ。オリンパスVieで
RAW現像してノイズ除去すると三番目と同じ画像になる。ISO
400でノイズ除去設定を強にして撮影すると、三番目の画像の様に
細かい文字が読めなくなってしまう。
 RAW撮影しない場合はノイズ除去をあらかじめ選択しなければな
らず、最適値はISO感度設定で変わってしまい、日常の急な撮影
では対応できない。
 RAW撮影しておけば後処理で自由に選択処理出来るので、気にせ
ずに撮影出来る利点は大きい。
 
by tabitohon | 2011-12-01 05:52 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)