<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

裏技!カラープリントの通紙トラブル対策

 フルカラーの両面プリントの写真を主体にした手作りの本を随分長く作
り続けているが、インクジェットプリンタのトラブルから解放される事は殆
んどない。
 最近詰め替えインクトラブルから、メインのプリンタを複合機から単能プ
リンタに換えてノズル不良は解消したが、代わりにフルカラープリントの
通紙不良が再発。
 この不良では、大量のインクを吸いこんだプリント用紙がインクの水分
で伸びて波打って持ち上がり、プリントヘッドに当たって擦れたり紙が破
れる大トラブルとなる。
 今使用中の両面カラープリント用紙の場合、紙の漉き目を考慮して紙を
横長方向に送り込んで被害を防いできたが、プリンタ入れ替え後この手で
もトラブル発生。
 紙の波打ち浮き上がりが原因なので、プリント中にプリンタカバーを開け
てドライヤーで送風すると乾燥が進んで防げるのは分かったが、カバーを
開けてのプリントはインクの色によって打ち込み位置がずれてひどい色ず
れが発生。スケールを読みながらインクの打ち込みタイミングをコントロー
ルするシステムが、外光の影響を受けて誤動作する??
 そこで思いついたのは、用紙の給紙口からドライヤーで空気を送り込ん
でインクの乾燥を早める方法。先ずは温度を上げない冷風で試してみると
かなり有効。しかし極端にインク量が多いと効果不十分。
 最後の手で、低温温風の弱でやってみると効果十分。無事に通紙プリン
ト出来た。全部のプリントに使うわけではなく、絵柄からトラブルを起こしそ
うなプリントにだけ適用する。
[PR]
by tabitohon | 2012-10-27 05:36 | 全手作りの本 | Comments(0)

カラオケルームのDVD鑑賞本番

 カラオケルームで時代劇DVDを鑑賞する本番の日はやってきた。
前回このカラオケ店で午後一番にトライアルした時には画面の上下が
縮んで横長の妙な画面になってしまい。その場では解決できなかった。
 機器の事が分かる係員が出勤したその日の午後遅く電話があって、
原因は液晶モニター側にワイド画面に切り替えるSWが有るのでそれ
で解決するだろうととの連絡があった。
 カラオケ店にはテスト用のDVDがないのでその話が確認できないまま、
時代劇DVD鑑賞の本番の日を迎えてカラオケ店へ。先ずはDVDを渡し
て確認を依頼。メンバーが集まる本番までの間、別の部屋を借りてカラ
オケを練習。
 カラオケ練習を切り上げてロビーにもどると既にメンバーはほぼ集合。
ここは前料金制なので集金とドリンクの手配を済ませる。渡したDVDで
のプレテストの結果を聞くと、画面の上下が縮む現象は解消されている
と言う事で一安心。
 借りた部屋に入って、レンタルショップで借りた「剣客商売」の第一巻の
DVDをセット。プレイが始まって、液晶画面いっぱいに映像が出て上下の
縮みは解消を確認。
 やれやれと思ったが、よく見るとちょっと横に伸びている。DVDの画像は
4対3のスタンダードサイズなのに、ハイビジョン比率の液晶画面いっぱい
に写っているのだ。
 馬ずら顔の藤田まことの顔が丸く見えるのには全員苦笑。まあ我慢の
範囲内なので鑑賞を続行。物語の展開に引き込まれれ、横長の画面の
事は忘れて鑑賞を楽しんだ。
 このDVDはアナログ地上波時代の放送原画を編集したものと思われる
が、ハイビジョンサイズの液晶モニターで鑑賞してもかなりの画質でみら
れた。今の地デジ放送で、昔のスタンダードサイズのプログラムの再放送
が時にあるが、その画像よりも格段に良質の画像だ。
 さて「剣客商売」の鑑賞が終わったところで、劇場版のハイビジョン比率
の画面の「隠し剣鬼の爪」のDVDをセットして写してみたら、これは縦横比
正常な画面として画面いっぱいに映し出された。
 DVDの映像鑑賞には、カラオケルームの液晶モニターは適正サイズで
あった。
[PR]
by tabitohon | 2012-10-24 06:21 | シネマ・演劇&DVD | Comments(0)

DVDレンタル、シニア無料

 かねて進めていた、時代劇をDVDで鑑賞して語り合う仲間内の同好
会の準備がようやく整った。
 行き着いた会場選びはカラオケルーム。カラオケルームでもDVD鑑賞
サービスが辛うじて可能なのは近辺ではカラ鉄(カラオケの鉄人)と言う
店と分かった。他にない訳ではなかったが、条件が希望に合わず利用
困難と判定した。
 カラ鉄の良い点は更に利用料金が手頃な事。普通カラオケルームの
利用では、ルーム料金に加えてドリンク一杯を注文しなければならない。
ソフトドリンクで4~5百円、アルコールだと6百円見当。
 DVD鑑賞で2.5時間利用を想定すると、普通1千円を越えてしまう。
シニア料金で映画館で新作映画が鑑賞できる料金を越えてしまう料金だ。
 カラ鉄ではソフトドリンクがフリーサービスでルーム料金だけで利用で
きる。2時間半の料金は一人750円(会員料金)」だが、割引クーポン利
用で2割引き、600円で利用出来る。恐らく他の店の半額。
 さて最後の準備はDVDのレンタル。久しぶりに訪れたレンタル店の昔
の会員カードはとっくに失効していて、新規登録は500円だと。古いDVD
は100円で1週間借りられるそうで、これは略無料。
 再登録の書類を書き終えたところで、ちょうど今はシニア特別キャンペ
ーン中で入会登録は無料と聞いてびっくり。その上旧作DVDは1日毎に
1作無料(レンタル期間は1っ週間)で借りられると。これもシニアキャンペ
ーンとか。
 結局、池波正太郎原作の剣客商売の第一巻を無料で借りて来た。何か
後ろめたいような気持で。
[PR]
by tabitohon | 2012-10-22 05:17 | シネマ・演劇&DVD | Comments(0)

失せ物発見

 ひかえめ家では失せ物騒動は日常で、特に夫人は重傷だ。最近と言う
事ではなくて昔からなので、認知症の発症とは思っていないが。
 ひかえめ氏の場合は仮に失せ物があっても緊急に困らない物の場合以
外は騒がずに発見に努めるので、あまり目立たない。
 長いものでは数カ月後に発見されると言う事も珍しくない。例えば以前に
折りたたみの傘が消えてしまった事が有った。あきらめて代わりの物を買っ
たが、なくした後だったので安ものにした。
 3か月ほど後であったか、それが自転車の荷物かごの中から出て来た。
めったに乗らない自転車を買って間もなく、ちょっとした用足しに乗った時
に雨を気にして持ち出した。自転車かごに付属のカバーが着いていて、邪
魔なので後で取り外したが、その中に入れてしまって忘れてしまったのだ。
 自転車はけ結局殆ど乗らず、今は娘の家に引っ越して活躍している。

 最近ちょっと探したのが、春のクラス会旅行の時に撮影した写真のプリント。
秋の旅行の時に渡そうと仕舞いこまずに置いたのが無くなってしまった。又
焼き直せば済むが、いずれ出て来ると待つ事約一か月。旅行の日が迫って
きた昨日、メモ用に切った紙を重ねた上に置いたのが発見された。

 結構真面目に何回も探して見つからず、おそらく処分してしまったかと
諦めてデータを作り直したのがひと月ほど前の事。資料はこの春出掛けた
沖縄のホエールウオッチングの関係。船長も驚く大ブレークに出会った件
だ。
 今年は海外旅行も出掛けなかったので、これを写真中心の小冊子にまと
めておこうとしたもの。旅行直後に写真と録音のデータを整理し、ホエール
ウオッチングの案内冊子等ひとまとめに保蔵。
 その後OB会作品展に向けて印度旅行記を完成させ、それの目途が着いた
8月初め頃紛失が発覚。沖縄の作業に取りかかろうとしたが、資料が出て来
ない。ここと思う場所を、2度3度。4度5度と探したが見つからない。
 仕方なく写真や録音やPCに保存した関連資料は取り出して再整理出来た。
残念だったのは、パンフレットに載っていたクジラのパフォーマンスの解説が
失せた資料以外には補えなかった事。
 昨日、カラオケ関係の資料をレビューしようと取りだしたその脇に、沖縄の資
料を発見。クリアカバーに入れて、ホエールウオッチングと言う付箋を見やす
い位置に着けてある。
 発見した場所は、この種の資料を置く心積りの場所で、もう4回5回と探した
場所なのに・・・・。置いたのは半年前、探したのは2カ月前。トホホホ。
  
[PR]
by tabitohon | 2012-10-18 05:38 | 生活・健康 | Comments(0)

カラオケVIPルーム

a0074562_5104177.jpg

 OB会で、新しい同好会を作って活動を活発化しようと言う課題が出さ
れている。それに乗って思いついたのが、時代劇同好会。過去の時代劇
映画のDVDを、時代劇愛好者が集まって鑑賞して歓談(二次会)しようと
言うアイデア。
 各家庭で大型液晶TVが普及し、TV放送もHV規格のジデジ時代になって
いるから話は簡単と思ったら大違い。市民センターなどの公共の会議室等
で、TVモニターが利用出来る施設はまれ。たまにあってもブラウン管TVと
言う時代錯誤の物。
 仕方なくやや高めの利用料金になるが、カラオケルームの液晶モニターが
使えないか? 調べて見るとこれも難題。カラオケユニットに組み込まれてい
て、DVDプレーヤー等は置かれていない。
 例外的にDVDプレーヤーを貸し出して繋いでくれるサービスの店が有ったが、
液晶モニターが小型で店も古くて・・・。もうひとつの店では、持ってきたPC等
の映像出力をカラオケの液晶モニターに繋いでもよろしいと。但し音声は繋げ
ないから自前で小型でもスピーカーを持ち込まないといけない。それからPC
の映像出力がHDVIと言うハイビジョン規格に変換されていないといけない。
 カラオケ店も諦めかけたが、念のため問い合わせた駅から歩5分の店に、
ジデジ放送受信、DVD鑑賞OKの部屋が一つだけあると。何とこれがVIPルー
ム。料金は高めながら不可能な値段では無い。
 早速下見に行ってみたら、電子黒板並みの大型液晶モニター付きで、オー
ディオも特別高級。本革のシートと空気清浄エアコンとしゃれたインテリア。
 部屋が狭くて8人位までの利用が良いところと思えるが、これまで調べた
中ではベスト。ペンカメラEPL3の標準ズームのワイドコンバーターを着けて
紹介用写真に収めて来た。
[PR]
by tabitohon | 2012-10-15 05:41 | カラオケ | Comments(0)

顔料インクの進化

 プリンタは全部で4機種持っているが、主に使うのは2機種。純正インク
と詰め替えインク用に使い分けている。複合機と単体プリンタだが、複合機
に詰め替えインク、単体プリンタには純正インク。
 詰め替えインクの複合機は手作りの本のプリントなど大量に使用するので
プリンタの損傷も多く、これまでの修理費用は軽く本体価格を越えている。
一回の修理費用は本体価格の約半分だが、買い替えよりも安くつくので随分
長い間使って来た。
 最近この複合機で急にノズル不良が多発。いざと言う時には純正インクに
挿しかえると治る事が多いのだが、今回はその手も駄目な気配。
 詰め替えインクはこのまま使いたいので、これまで純正インクで使って来た
単体プリンタに詰め替えインクを移してみると、全く問題なく使える。
 複合機の方は今後は純正インク用に使うとして、ネットで機種選定に取り掛
かる。複合機の場合は単体プリンタや修理費用の約2倍の価格が相場なの
だが、たまたま見つけたのが単体プリンタ+アルファの価格の機種。ある通販
ショップの特価品であった。
 この機種は4月のメーカーカタログに乗っているが、8月のカタログからは消え
た機種。ノズル数が少なくてプリントスピードは遅いが、使う機会が少ない純正
インク用には差支えない。
 早速取り寄せて見ると、デザインがすっかり変わっていて、二廻り位小型に
なっている。
 興味の的は、光沢写真用紙へのプリント。これまで使って来たインクは、純正
インクでも光沢紙はメーカー指定品で無いとインクが擦れとれてしまったものだ。
 早速昔染料インク用に売られていた光沢写真用紙にプリントしてみると、おお
定着OK。他に手持ちの各種光沢写真用紙にプリントしてみると、すべて定着
OK。
 古いものを使い続けtるのも、ほどほどにという所だった。
[PR]
by tabitohon | 2012-10-12 06:32 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

天地明察、新時代劇の予感

 録画しておいて見たNHKのあさいちに、天地明察とのぼうの城の原作者
が登場。録画した訳は、この朝に映画「天地明察」を鑑賞に出掛けたためだ。
 これら映画の原作はベストセラーであったり、本屋さん大賞受賞作であった
りする。天地明察に関しては、数ヶ月前に原作を読み、これはただならぬ作品
と驚いたものだ。
 この原作に触発されて「保科正之の碑」と言う本も読み、隠れていた人物を
読み開いた。更に天地明察の作者になる「光圀伝」なる新刊を図書館にリクエ
スト。今の待ち順は百数十番中の、十数番目となっているはず。水戸黄門の
イメージをひっくり返す中身を期待している。
 天地明察を読んだ時点で、映画「天地明察」の公開が近い事を知っていたが、
この原作をどう映画化するか、難題と直感した。原作の緻密重厚な主人公の
心理描写は映画化出来ないのではと。
 果たして映画は原作とは別物になって仕上がっていた。それぞれのカットに
原作の描いたシーンはこういう事であったかと思わせる物は随所にあったが。
当時の天体観測の道具がこれほど大掛かりであったのかと。
 確かにあの原作を2時間の映画に仕立てるにはこうするしか無かったかとは、
納得させられるし、原作とは別に見るに値する良い作品には仕上がっている
から鑑賞の価値はある。
 
あさいちでは、今や新しい時代劇の幕開けの時で、若い層女性層にファンが増
えて来ていると。この潮流の見えない力に押されたか、ひかえめ氏も新たな取
り組みに着手している。
 それはOB会の同好会活動で、「時代劇読む見る語る会」と言った物を立ち上
げようとするもの。早い話好き者同士が集まって、時代劇のDVDを鑑賞したあと、
感想を述べながらの飲み会等懇親の場を作ろうと言うわけ。
 意外に会場や機材の確保が難しいが、障害を乗り越えて・・。なになに天地明
察の算哲の心意気に押されて。
[PR]
by tabitohon | 2012-10-06 05:31 | シネマ・演劇&DVD | Comments(0)

ペン、WCONの色収差補正

a0074562_513871.jpg

         ↑画面クリックで拡大
 昔のフィルムカメラの時代では、解像度等のレンズ性能がカメラの
評価の大きな部分を占めていたと思う。
 デジカメ一眼の時代の今、フィルムカメラの時代に比べて、カメラの
性能は大幅に向上し、A3程度の伸ばしプリントではカメラ性能は余り
気にならなくなった。
 むしろピンボケとかブレ等の操作上の不都合が課題だが、これもカメラ
が補助して防いでくれる時代。
 さて今回のWCONだが、解像の程度も問題無いと思ったが、周辺部の
広がった画角の部分が見にくくないかだけはチェックしたくなった。被写体
は2階から見た八王子南バイパス用地。
 写真の上は標準ズームで、真中がWCON装着時。左端が画面の真ん
中で画面右半分を切り取ってある。
 注目はWCON撮影の赤い矢印を入れた部分。広がった画角領域の中
であるが、幾分赤みがかった着色が見える。これは色収差が出ているの
だ。
 我慢の範囲内と思うが、ここで取りい出したのが自慢のRAW現像。下
の写真はRAW現像の結果で、同じ赤矢印部分で確認出来るが色収差が
消えている。よしよし、これで一件落着だ。
[PR]
by tabitohon | 2012-10-04 05:33 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

ペン、ワイドコンバーターのマクロ効果

            ↓クリックで拡大
a0074562_4432150.jpg

 ペンの標準ズームに装着するワイドコンバーター(WCON)のネットでの評判
書き込みには見当たらないが、接写した時のワイドレンズ固有の描写性が気に
なった。
 その効果を見る前に、なんとマクロコンバーター(MCON)的な効果が有る事
に気が着いた。
 鉢植えのむくげの花を撮影。先ず標準ズームのワイド端で最接近して撮影し
(写真左)、次にWCONを装着してのワイド端でピントが合う最接近位置で撮影
(写真中)。ワイド効果と逆に写る範囲が狭くなって、拡大画像が得られるマクロ
効果が有るのだ。
 マクロ効果用にはMCONがあり、それよりはやや拡大の度合いは少ないように
思えるが、おまけの効果としては見過ごせない。
 写し込める被写体サイズを確認する為の、500円玉とスケールを写してみた結果
が右の写真。画面の上下はトリミングしてあるが、幅方向は実写画面のまま。
画面幅はWCON無しで12cm、WCONを着けると9cmとなる。
 望遠ズームで接写した方が大きく写せると思うが、ピントの深さや視覚効果での
差が有るから、ワイドでの接写性能の向上は価値が有ると思う。
[PR]
by tabitohon | 2012-10-03 05:05 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

ペン、ワイドコンバーター

a0074562_6222829.jpg

 10月にPEN-EPL5が新発売になるので、ヨドバシでカタログを入手。
シリーズの交換レンズを眺めていたら、フィッシュアイ・ワイド・マクロの3種
のコンバーターが有る事が分かった。
 ペン用の標準ズームレンズに装着するもので、お手軽。3種の中で氏が
最も注目したのはワイドコンバーター。標準ズームのワイド端は焦点距離で
11mm、昔の35mmカメラ基準で言えば28mmでややワイドだがもう少し
広く写るのが欲しいところ。
 室内撮影や広大な風景や、庭園などの後ろに引けない場所での撮影には
歯がゆい。ワイド専用レンズやワイドズームはあるが、カメラセット程の値段
なのでそれほどの必要は感じない。
 コンバータでああれば、専用レンズの約10分の1。アマゾンで8千円強で
買えるし、ネットの評価記事の判定も良いようなので、即入手した。小型軽量
であるのもペンユーザーに似合い。
 装着には標準ズームのフィルターや飾りリングを外して、バヨネットを露出
させるのが面倒だ。ここは考えどころだが、まずワイド効果を確認しすること
にした。
 コンバーターを着けた場合のワイド端の焦点距離は11mm、35mmカメラ
換算で22mm相当なので、極端なデフォルメ感が無くて写角が広くなる限界
か共思われる。
 上の写真は、写角の比較。視覚的にはかなり広くなった印象で満足。室内
撮影で大きな効果が得られると思うが、とりあえずは作例無し。
 他の撮影での効果や、細部画像の評価は随時報告する予定。
[PR]
by tabitohon | 2012-10-02 09:18 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)