<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鳩の巣1

a0074562_4552930.jpg

 一週間程前に、庭の藤棚に鳩が番でやってきた。細い枯れ枝など集めて
いたから巣作りとすぐ分かったが、昔かえった雛が猫に襲われた事件があ
った藤棚なので賛成しかねた。
 ちょっと追う仕草を見せたが、諦めない。ふと何処かへ行ってしまって、巣の
予定地に居ない時間が長くあって諦めたか? と思っていたら、一昨日巣の
上に座って卵を温めているポーズを発見。
 既に産卵してしまっているようだ。その前日には、庭木の伸びた枝など切る
作業をしたが、その時は全く気が付かず。一昨日藤棚の徒長した枝を切り取っ
ている時に発見して、作業を中止した。
 さて卵が孵ってしまったら、猫から守ってやらなければなるまい。昔は気が
着なかったが、今の知恵では猫よけマットを藤の幹の巻きつけて猫が登らない
様にする策がある。
 猫よけマットは、編み目状になったプラスチックの網のクロスするところに針
が立っている針の山のマットの事。
 孵化を確認したら買いに行かずばなるまい。やれやれ。
[PR]
by tabitohon | 2013-08-29 05:13 | 和楽庵四季折々 | Comments(2)

クロユリの切り抜き合成

a0074562_4481722.jpg

  ↑ クリックと+で拡大表示
 ボタニカルフォトの為の切り抜き技を試みる傍ら、道東旅行の写真の
整理も進めている。
 道東初日の野付半島は曇りの上に寒くて最悪。原野の花を期待して
訪れたものの、黄いろのセンダイハギが咲き始めている以外は殆ど花
の気配なし。
 そんな中、地際にひっそりとクロユリの株が盛りを過ぎつつ咲いていた。
株によっては花盛りもありカメラに収めたが、名前が有名な割には目立ち
にくい花。
 ボタニカルフォト流儀で生かせないかと、アップと背景になりそうなショット
とを撮ってきた。
 上の写真の左は林床風の所に咲いたクロユリだが、一輪で花も盛りを過
ぎている。右は草原風の草地で見つけた花の盛りのクロユリ。
 右のクロユの花と葉と茎を切り出したのが下の左の写真。切り出しの技
はこのクロユリで新しく試みた手法が効率良くて進歩大。フォトショップの
消しゴムツールを使い分ける。
 右下が合成写。張り付けたクロユリを大きめにして位置調整し、下にある
クロユリの花を覆い隠した。下のクロユリが少しはみ出しているが,張り付
けたクロユリの花の一部とも見えて、ほとんど違和感がない。
 背景用に花の無いショットを撮っておけば、却って使いやすかったか。
[PR]
by tabitohon | 2013-08-19 05:12 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

風立ちぬ

 宮崎アニメ、風立ちぬを鑑賞してきた。

 大人気である事は、映画館の上映スケジュールを見ると一目瞭然。
ひとつのスクリーンを朝か夜の終映まで連続上映の上、同じ上映館の
別のスクリーンでもダブル上映という大盤振る舞い。

 鑑賞した結果は、まずアニメの高精細で奇抜な事は宮崎アニメの伝統
を引き継ぎ脱帽物。大型スクリーンの隅々までパーツを丁寧に書き込んだ
映像は、これだけで観るに値する。

 ストーリー等の展開は、かなり強引に話が飛んで行き、細かい所はない
のは短い上映時間から止む無しかも知れないが、納得行き難い。
 
 話は主人公の恋の物語と、ゼロ戦開発のテーマの二本立てなのだが、
共に余り込み入った展開は無く余りにもすんなり進行して拍子抜け。

 映像以外は過剰人気でないか? あの上映時間を消化するなんて、化け
物映画かと思う。 
[PR]
by tabitohon | 2013-08-14 17:22 | シネマ・演劇&DVD | Comments(0)

エゾスカシユリ切り抜き

a0074562_5244747.jpg

 来年のOB会の作品展の開催日が決まった。今年とほぼ同じ6月末。
ボタニカルフォトのトライも、それに向けて進める事にする。
 ボタニカルフォトでは切り抜きが基本になるので、今回は道東ツアーで
立ち寄った小清水原生花園のエゾスカシユリでトライしてみる事にした。
 そのつもりで撮影しておいたエゾスカシユリのアップのショットからスタート。
RAW現像のマイクロコントラストでメリハリを強調したのが上の写真の左。
 花と蕾を残して背景を消去したのが中の写真。バックの色は見やすくする
為に仮に重ねた色。後からでも自在に色や濃さは変えられる。切り抜いた
花や蕾はバックとは無関係で、他の写真や画像の上にコピーして重ねられる。
 右は蕾も消した写真で、背景の色も少し変えてある。

 背景の葉っぱを消してみると、花びらがすっきり強調されて力強く見える。
これをどんな背景に張り付けるか、選択は無数に考えられる。
 原生花園の広い風景を撮った写真に貼り合わせて、旅行記の一頁に加
えるのも一案。
 原生花園のエゾキスゲやはまなす等の他の花と組み合わせて、道東の
花のテーマの作品はどうだろうか・・。
[PR]
by tabitohon | 2013-08-10 05:25 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)