<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

車の塗装修理

a0074562_16143469.jpg
 車の塗装はとかく傷が付きやすい。そのまま放置しておくと、段々気にしなくなって次々に傷が増えてしまいがちだ。塗装修理に出すと万円単位の結構な費用が掛ってしまうので、なかなか修理には出しにくい。
 自己流の修理として、金属磨きや歯磨きを使って修理を試みて見ると、ある程度傷は消えるが全体的に曇りがか掛った状態になり鬱陶しい。方法に自信が無いから思い切った手当てが出来ないのが問題。
 何箇所か擦り傷や曇りが残ったままになってしまったので、この辺りでDIY的に正しく手入れをする気になった。修理材をネットで調べて見ると、当然ながら車の塗装修理用の研摩剤と言う事になる。
 荒さのランクがあるようで、一種類では間に合いそうもない。そんな中で選んだのが、ソフト99と言うブランドの研磨材。三種類の荒さの違う研磨液がセットになっていて、それぞれに研摩パッドも付いている。
 ネット通販で入手したものが写真のセット。番手が3000番、7500番、9800番
のセットだ。3000番と言うと、精密サンドペーパーにもある番手で、うっかりすると塗装がはげてしまう恐れあり。
 使用法の説明では番手の大きいものでやって見て、不足なら番手の小さい方へと
変えて見ると良いそうだ。
 以前に金属磨きで大傷を消したあとで曇りが残ってしまった所を先ずトライ。9800番では治らず、7500番の後で9800番に換えて見たら、奇麗に傷も消えて艶も出て
気にならないレベルになった。なお研摩の後の拭き取りに綿布を使うように案内があったが、なかなか綺麗に吹きとれない。マイクロファイバーの古タオルがあったので、これでやって見ると綺麗に拭きとれた。
 他の浅い擦り傷は7500番と9800番で修理出来たが、最後の挑戦は写真の大傷。無理かとは思いつつ3000番からやって見た。3000番でも傷が残っているように見えたが、構わず7500番に移行してみたら、何と残っていた傷が見えなくなった。
 7500番ではやや曇りがあるが、9800番で磨を掛けると艶が出て周りとの
違いが見えなくなった。凹み傷は直せないが、擦り傷はかなりのものまでこのキット
で直せそうだ。
 ちなみに研磨材キットの値段は千円強。塗装修理代としては安いものだ。


[PR]
by tabitohon | 2016-10-31 17:00 | その他 | Comments(0)

車の塗装修理

a0074562_16143469.jpg
 車の塗装はとかく傷が付きやすい。そのまま放置しておくと、段々気にしなくなって次々に傷が増えてしまいがちだ。塗装修理に出すと万円単位の結構な費用が掛ってしまうので、なかなか修理には出しにくい。
 自己流の修理として、金属磨きや歯磨きを使って修理を試みて見ると、ある程度傷は消えるが全体的に曇りがか掛った状態になり鬱陶しい。方法に自信が無いから思い切った手当てが出来ないのが問題。
 何箇所か擦り傷や曇りが残ったままになってしまったので、この辺りでDIY的に正しく手入れをする気になった。修理材をネットで調べて見ると、当然ながら車の塗装修理用の研摩剤と言う事になる。
 荒さのランクがあるようで、一種類では間に合いそうもない。そんな中で選んだのが、ソフト99と言うブランドの研磨材。三種類の荒さの違う研磨液がセットになっていて、それぞれに研摩パッドも付いている。
 ネット通販で入手したものが写真のセット。番手が3000番、7500番、9800番
のセットだ。3000番と言うと、精密サンドペーパーにもある番手で、うっかりすると塗装がはげてしまう恐れあり。
 使用法の説明では番手の大きいものでやって見て、不足なら番手の小さい方へと
変えて見ると良いそうだ。
 以前に金属磨きで大傷を消したあとで曇りが残ってしまった所を先ずトライ。9800番では治らず、7500番の後で9800番に換えて見たら、奇麗に傷も消えて艶も出て
気にならないレベルになった。なお研摩の後の拭き取りに綿布を使うように案内があったが、なかなか綺麗に吹きとれない。マイクロファイバーの古タオルがあったので、これでやって見ると綺麗に拭きとれた。
 他の浅い擦り傷は7500番と9800番で修理出来たが、最後の挑戦は写真の大傷。無理かとは思いつつ3000番からやって見た。3000番でも傷が残っているように見えたが、構わず7500番に移行してみたら、何と残っていた傷が見えなくなった。
 7500番ではやや曇りがあるが、9800番で磨を掛けると艶が出て周りとの
違いが見えなくなった。凹み傷は直せないが、擦り傷はかなりのものまでこのキット
で直せそうだ。
 ちなみに研磨材キットの値段は千円強。塗装修理代としては安いものだ。


[PR]
by tabitohon | 2016-10-31 17:00 | その他 | Comments(0)

車の塗装修理

a0074562_16143469.jpg
 車の塗装はとかく傷が付きやすい。そのまま放置しておくと、段々気にしなくなって次々に傷が増えてしまいがちだ。塗装修理に出すと万円単位の結構な費用が掛ってしまうので、なかなか修理には出しにくい。
 自己流の修理として、金属磨きや歯磨きを使って修理を試みて見ると、ある程度傷は消えるが全体的に曇りがか掛った状態になり鬱陶しい。方法に自信が無いから思い切った手当てが出来ないのが問題。
 何箇所か擦り傷や曇りが残ったままになってしまったので、この辺りでDIY的に正しく手入れをする気になった。修理材をネットで調べて見ると、当然ながら車の塗装修理用の研摩剤と言う事になる。
 荒さのランクがあるようで、一種類では間に合いそうもない。そんな中で選んだのが、ソフト99と言うブランドの研磨材。三種類の荒さの違う研磨液がセットになっていて、それぞれに研摩パッドも付いている。
 ネット通販で入手したものが写真のセット。番手が3000番、7500番、9800番
のセットだ。3000番と言うと、精密サンドペーパーにもある番手で、うっかりすると塗装がはげてしまう恐れあり。
 使用法の説明では番手の大きいものでやって見て、不足なら番手の小さい方へと
変えて見ると良いそうだ。
 以前に金属磨きで大傷を消したあとで曇りが残ってしまった所を先ずトライ。9800番では治らず、7500番の後で9800番に換えて見たら、奇麗に傷も消えて艶も出て
気にならないレベルになった。なお研摩の後の拭き取りに綿布を使うように案内があったが、なかなか綺麗に吹きとれない。マイクロファイバーの古タオルがあったので、これでやって見ると綺麗に拭きとれた。
 他の浅い擦り傷は7500番と9800番で修理出来たが、最後の挑戦は写真の大傷。無理かとは思いつつ3000番からやって見た。3000番でも傷が残っているように見えたが、構わず7500番に移行してみたら、何と残っていた傷が見えなくなった。
 7500番ではやや曇りがあるが、9800番で磨を掛けると艶が出て周りとの
違いが見えなくなった。凹み傷は直せないが、擦り傷はかなりのものまでこのキット
で直せそうだ。
 ちなみに研磨材キットの値段は千円強。塗装修理代としては安いものだ。


[PR]
by tabitohon | 2016-10-31 17:00 | その他 | Comments(0)

実りの秋


a0074562_13111218.jpg

 ボタニカルフォトアートの秋の素材集めに気が抜けない。その一つは柘榴。東京都薬草園は初めに見に行った所だが、踏み込めない木立の中なので写真撮影が困難。 
 次に見つけた駒木野庭園は接近可能だだったが、弾けた実は期待出来そうになく、場所が高尾近くでや遠いのも難。某宗教団体の道路脇でも見つけたが、奇麗に弾けそうにはみえなかった。
 ぱっくり開けた柘榴の実は期待できそうもないと諦めた矢先、JR片倉駅に近い民家の道路沿いの庭木の柘榴がぱっくり口を開けているのをついに発見。弾ける前の実は前から目に着けていて撮影済みだったものだ。
 大胆に弾けた実が三つ。一つは道に落ちていたので撮影用に拾って来た。枝葉に邪魔されず撮影出来る位置にもう一つ。葉っぱに隠れた所にも一つ。この樹の柘榴は
綺麗に大きく弾ける遺伝子を持っているらしい。
 余りにも大胆な弾け方に仰天したが、この弾けた実をメインに作画出来そうな気がして、樹上の実もカメラに収めて来た。左程大きくはない並みサイズの実だったが、弾けたサイズは見事に大きく、赤い種はつややかで綺麗だ。待ば海路の日和かな、である。

 それからカラスウリ。夏場は夜咲く花に血道をあげていたが、一段落。秋の取材は色着いた実だが、既にカメラに収め済みだ。昨日通りがかった八王子の卸し売り市場
近くの道路の中央分離帯の植え込みの樹の幹に、橙色の実を発見。
 夏場の花はなかなか探しにくいが、秋の実はあっさりと見つかってしまう。まさか
こんな所にあったとは!

[PR]
by tabitohon | 2016-10-28 13:11 | 花巡り | Comments(0)

庭の里芋

a0074562_15594994.jpg

 俄かに寒くなったと思ったら、庭の草木はとっくの季節の移ろいを知っていて、
すっかり気配が変わってきている。
 注目は、夫人のリクエストで植えた里芋。初夏に茶の湯の稽古に芋の葉を
使った残りもの。これまでは鉢植えで育てていたので、秋の収穫は無かったが、
今年は庭のリフォームの成果で、地植えする場所を確保した。
 秋が深くなって、葉っぱが一枚二枚と黄色くなって収穫時期だと告げている。
掘り取る前に地際を覗いて見ると、子芋が地面の上に顔を出している。そう言え
ばいつも通り掛る道際の農家の畑では、根際に土を盛っていたが、子芋を埋め
ていたのかと思いあたった。
 さて葉っぱを切り取って根を掘り起こしに掛ると、子芋を付けた根株は浅くて楽
に抜きとれた。抜き取った株から子芋をばらしてみたら、結構な量の子芋が収獲
出来た。
 地上に露出していた子芋は、幾分緑色を帯びていたが、味はどうだろうか?
[PR]
by tabitohon | 2016-10-22 15:59 | 和楽庵四季折々 | Comments(0)

アカギレテープ

a0074562_16275397.jpg

 雨が降ったりして爽やかな秋とは言えないが、秋の花は咲き新米もやって
きた。秋の先は冬だが、そのかすかな足音もきこえてくる。
 それは指の先。爪の先の脇の指先がひび割れ始めた。秋の乾燥した空気
に敏感に反応して、皮膚が角質化して割れるのだ。
 その手当ては尿素クリーム等もあるが、指先は良く使う所なのでクリームが
留まってはおらず、効き目が少ない。頼るのはテープで、昔はシルクテープと
言うのを専ら使っていた。
 肌色のテープがあったのだが、それが去年廃版になってしまった様で、やむ
無く白を使う羽目に。機能は変わらないものの、指先に白は目立つし、汚れも
目立ってしまう。代わりに肌色の絆創膏等探してトライしたが、しっくりこない。
 今年も指先が割れ初めrたので、手当てをしようとテープの入った容器を探し
ている時、ふと茶色の紙テープが目に付いた。試みに貼って見た。すぐに剥が
れてしまう覚悟であったが、意外や剥がれない。
 包帯などを止めるものだから、厚さは極薄。細かい指先の作業等にも邪魔に
ならない。使用感は上々だ。
 どうして紙テープなのに丈夫?と思って箱書きを見たら、テープの素材は不織
布。道理で水にぬらしても破れず丈夫な訳だ。
 今シーズンは、これでいけるかも。
[PR]
by tabitohon | 2016-10-17 16:27 | 生活・健康 | Comments(0)

スマホケースはネットにかぎる

a0074562_1591980.jpg

 格安スマホを買って、何とか初期設定にこぎ着けた。目的のPCと連動した
スケジュール帳は、これは便利な勝れもの。マップは初めから入っていたが、
ヤフーナビをインストール。などなどこの先は必要に応じて拡充して行けそうだ。
 所でスマホ本体の手当てだが、つるつる滑るからケース無しでは危ない。早速
家電店等探してみたが、店頭品は封をされていて、スマホ本体に合うか確認出
来ない。その上値段が3,000円が真中で、安くても2,000円。これではスマホ
価格の一割を越えてしまって不釣り合いに高い。
 一旦引き揚げてネットで探してみた。機種名を指定して検索してみたら、何と
かなりたくさんあってびっくり。しかも店頭品より大幅に安いし、デザインなども
豊富。
 ちょっとユニークな世界地図の古地図模様のプリントのあるものを選んで注文。
その日の夕刻には届いた。専用のケースで、プラの台座にぴったりおさまり、
カメラの穴もぴったりと一致。
 これで値段が約900円で、たまたまタイムセール商品だったので、約800円
でゲット出来た。これでは店頭販売は完敗、ネット通販の完勝だ。
[PR]
by tabitohon | 2016-10-13 15:09 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

片足スマホ

a0074562_1631430.jpg

 スマホは使い道が無く、ガラ携で十分と振り向きもしなかった。所が夫人が
出先でネット検索がしたいと言う事でスマホに乗り換えた。それでも使いみちが
無いと乗り換える気は無かったのだが、機種代を別にして月々のデータ通信料
が数百円の格安スマホが有ると聞いて、にわかに興味。
 実はスケジュールカレンダーだけはスマホで持ち歩けると良いなと思っていた
のでその料金なら参入も悪くないと気が変わった。但し格安スマホは使えるよう
になるまでのセッティングに苦労すると言うのが幽鬱ではあったが。
 選んだのはFREETELというブランドの端末とSIM。SIMと言うのが通信費用を
管理徴収する仕掛けだが、大手携帯各社の通信費用が一向に安くならないのに
比べて、格安スマホの料金は劇的に安いものがあるとは知らされた。格安スマホ
でも一番手のヤフーモバイルは余り安くは無く、面倒見は良いとしても魅力なし。
 FREETELでも電話とメールとデータ通信と全部合わせれば1000円近くなって
しまうが、当面電話とメールはガラ携をそのまま使い、データ通信だけスマホを使
う事にした。
 初期設定は、スマホにSIMカードをセットして、アクセスポイントを登録するところ
から始まるのだが、今回はスマホとSIMを同時購入したので、基本的な初期設定は
済ませて貰っていたのだ。
 届いてからの手当ては、スケジュールカレンダー等を提供するグーグルのアカウント
を取って、カレンダーを使えるようにすること。グーグルカレンダーであれば、PCと
スマホで連動して閲覧書き込みが可能と言うのがありがたい。
 初めて手にしたスマホは操作不案内で、スマホでグーグルアカウントを取るのは
出来そうもないので、PCで取ることにした。これがどうやってもうまく行かない。認証
番号と言うのを携帯メールで送ってくれるので、これをPCの画面で書き込むのだが、
その認証がどうしても届いてこない。
 ようやく思い至ったのが、携帯では迷惑メール阻止のためにPCメール受信拒否の
設定にしてあったのだ。早速ソフトバンクに出向いて設定を解除してもらった。しかし
それでもPCメールの送信テストをしてみるとエラーが出て届かない。再度ソフトバンク
の店へ。車で5分、空いている店なので大助かり。
 二度目は受信成功で、さっそくグーグルアカウントの設定を行うと、。今度は認証
番号を受信出来て成功。
 FUREETELのカスタマーサポートのヘルプで何とか操作を習得。写真はPCとスマホ
に同じスケジュールカレンダーを表示してみた。PCで書き込んだ中身はスマホ画面で
読み取ることが出来る。逆もまたしかり。
 所で今回のスマホ端末はアウトレット品で3割引き。SIMは3000円だが、通信費
ゼロ円一年間のキャンペーンで、実質ゼロ円。とにかくこの先一年間は支払い無しで
ある。
 と言う事で、片足スマホの道へ乗り出せた。
[PR]
by tabitohon | 2016-10-09 16:03 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)