<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

吉幾三ライブショー

a0074562_14251739.jpg
 吉幾三のライブショーでオリンパスホールに出掛けた。チケットは座席指定なので早くゆかなくて済む。開演15分前辺りが良かろうと行ってみたら、エスカレーターは長蛇の列。なるほど皆同じ思いで出てきたわけだ。やや若気の人も、男女半々の印象で、広い人気の幅と見た。
 さて席に着いてみて、目に入ったのは、舞台の両袖に積み上げられた大きなスピーカーの山。こんなスピーカーの山はこれまで見たことがない。音に対して相当の執念があるものと見た。
 待つことしばし、やがて開演。暗いステージのスポットライトが照らす先で吉幾三の初めの曲は、雪国。なるほどこれがオープニングか。彼は作詞作曲と歌手の一人三役が基本形。
この曲はまだ売れない頃に宴席に招かれて座興に歌った、Hな歌がきっかけで注目されて誕生した歌だそうだ。’好きよ、あなた・・、とある歌い出しは’駄目よ、そこは・・、というような次第だったそうだが、それは放送禁止の内容だそうで知られていない。
 これはライブショーとは関係ない話だが、舞台は吉幾三と司会者の漫才的やり取りと、吉幾三の漫談的セリフで進行し、会場はしばし爆笑。このように笑ったことは久しぶりで、免疫力活性化に役立った事と思う。
 女性歌手のライブショーは、都はるみ、島津亜矢、石川さゆり等と見たことがあるが、まさしく歌を中心にしワンマンショーで、吉幾三の今回のショーのような組み立ては全く異色で新鮮だった。
 漫談が多くて歌の数は少なかったが、かの舞台袖のピラミッドスピーカーの威力もあってか、素晴らしい歌唱力で見直した。中で印象に残った一曲は、たそがれのビギン。幾三に似つかわしくないようにも思うが、結果オーライで良く歌いこなしていた。
 ちあきなおみの歌と認識しているが、紹介では水原弘の歌と言っていた。事実この歌は多くの歌手にうたわれていて、誰の歌とも言えないほどの普及ぶりだ。
 漫談の中で印象に残ったのは、細川ただしの髪。「かつらかって聞かれんだけれど、あれはかつらじゃないんですよ。彼はね、白髪の手当てが面倒なので、白髪のところをどんどん剃りあげてゆくもんだから、あんなかつらみたいな形になっちゃってるの」だそうで、会場爆笑。
 ああ面白かった、よいライブショーだった。

[PR]
by tabitohon | 2017-01-31 15:00 | シネマ・演劇&DVD | Comments(0)

羽子


a0074562_17104270.jpg
 ボタニカルフォトアートの第Ⅱ集で、ムクロジを取り上げた。その後色々考察するうちに、羽根突きで突く羽根の黒い玉がムクロジであることに引っかかった。ムクロジの画面の中に羽根突きの羽根を持ち込むことには立派な理由があるし、画面が格段に華やかになる。
 それでは写真を、と思ったがこれが難題。羽根がどこで手に入るか。それと思うところを当たってみたが、手掛かりなし。そうなるとネット調査ということになる。
 羽子板と羽根のセットを売るところが見つかったが、羽子板は要らない。普通の羽根を探す内に、梅の花のような平たい羽根があることにも気が付き、写真的には梅の花型の方が主役に適すと思い込んでしまう。
 ようやくネットで通販するところを探し出した。「赤い鼻緒のじょじょ」という東北の店で、クラシックな日本のおもちゃ類を扱うショップだ。早速注文したが、行き違いがあって、ようやく羽根が到着した。写真はその羽根とムクロジの種。
 ところでこの羽根をなんと呼んだらよいだろうかと疑問。羽根つきの羽根では長いし、主体性が無い。つくばねというのがあるが、これは羽根つきの羽根の形をしたつる植物の種のことで、羽根つきの羽根をつくばねとは言わないようだ。
 更に調べると羽子板から板を取った羽子(はご)がこの羽根を指す言葉であるらしいと分かった。なるほどこの羽子を突く板を羽子板と呼んだわけだ。ということは羽子が先で羽子板が後か。
 ところで写真の細い羽根は二人で羽根突きをする時の羽根で、追羽根という。丸い方の羽根
は一人で羽根突き遊びをするのに使う揚羽根というのだそうだ。回転をよくするために蒸気で蒸しながらひねりを加えると良いようだ。
 ムクロジの新しい作品造りの道が開けた。

[PR]
by tabitohon | 2017-01-25 17:15 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

運転支援ドライブレコーダ

a0074562_16100872.jpg

                  ↑クリックで拡大
 最近高齢者の運転事故を問題視する報道が多い。その数は何千万もいるドライバーの中の僅かな物ながら、ニュースバリューがあるのだろう。免許書返納を迫るムードがあるとはいえ、車絶ちは生活の質が落ちてしまうので簡単に応ずるわけにもゆかない。
 高齢者に成るほど運転に自信があるという割合が高くなるのだそうだが、それはいけない。高齢者は運転能力が落ちることは否めないのだから。運転能力が落ちていることを自覚して慎重に運転するのが当然のことなのだ。
 最近自動運転の話題が盛んだが、自動運転のヘルプがあれば高齢者の運転寿命が延びるのではなかろうか。一部の車では衝突防止の自動ブレーキ搭載が実用になっているし、アクセルの
誤操作防止の改造サービスも行われ始めている。
 そこまで行く前に、ドライブレコーダに運転補助機能を付けたものがあるようなので、まずはそれを搭載してみることにした。運転補助機能付きのドライブレコーダは高価なものになるが、安全運転の足しになるならと最高価格のものを選んだ。
 JAFが発売元で、アマゾンのJAF店で買えるが、他のカーサービス店では買えない特殊な機種だ。安全運転支援機能は①前方衝突警戒、②車線逸脱警戒、③前車発信お知らせ。①と②は走行中の警告で、規定の速度範囲で走行中に作動し、作動速度は選択設定できる.
 ③は交差点で停止中に前方車両が発進したことを知らせる機能で、安全とは直接関わらないが、注意力低下を補うもの。
 購入した最初の機体に初期不良があって交換。交換品でようやく正常動作になったが、まだ慣れてはいない。画像をPCで再生出来るが、写真の前方車両の車両番号は明瞭に読み取れる解像度がある。
 事故の場合の状況解明の記録にするのがドライブレコーダのメインの目的だと思うが、それよりも運転支支援機能の方がありがたみが有ると思う。

[PR]
by tabitohon | 2017-01-18 16:14 | 生活・健康 | Comments(0)

今年こそ蝋梅満開

a0074562_14274548.jpg
 真冬に咲く華麗な花のナンバーワンが蝋梅。一昨年は本場の宝登山まで出かけたりしてかなり熱が上がっている。蝋梅はクスノキ属ロウボク科の落葉喬木で、小寒から立春辺りが花の最盛期という事であるらしい。
 さて我が庭にもかなり長く蝋梅は生息しているが、満足な花を見ることはほとんどなかった。南の日当たりが住処で、文句は無いと思うもだけれど。
 木ばかり茂って花が着かない。僅かに咲いた花をヒヨドリがついばんでしまい、花が消滅してしまうというようなありさまだった。
 まずなんとか蕾をたくさんつけさせようとトライ。夏の後半にすーと伸びた小枝のついていない枝を切り詰めてしまう。下側に小枝があって上の方に枝が無くて伸びた部分も切り詰める。花や実のなるもの全般に言えることだが、花がついて実がなるのは短く伸びた腋枝だ。この枝切りの作戦を数年続け、この冬は花芽が着いた小枝が沢山残って期待十分。
 次はヒヨドリ対策。秋になっても枯れた葉をなるべく残しておく。葉があればヒヨドリに花が見つけられにくくなる。ヒヨドリよけの防鳥網やそのほかの鳥よけ道具の数々の紹介があるが、よく読んでみると、結局はうまくゆかないと思った方が良いようだ。とりわけ網をかぶせると言うのは不細工で良くない。
 さてそんな状況の中、先日蝋梅が一輪二輪と咲き始めた。このレベルではヒヨドリが来るほどの量が無いから安泰。上天気に恵まれ、数日経過した今日は日当たりで風の吹きぬけない下側の枝のつぼみがどんどん開いて満開状態。
 この庭始まって以来の優雅な開花状態。一気に咲いたためか、ヒヨドリもまだ気が付いていないようだ。たくさん咲いたのでヒヨドリに一気に食い尽くされはしないだろうと、希望的観測。
 真ん中から高く伸びた幹の花は、高い位置で気温が低いせいか、まだ蕾が固い。今年の花の行く末がどうなるか、興味の的だ。


[PR]
by tabitohon | 2017-01-12 14:35 | 和楽庵四季折々 | Comments(0)

たかが水仙なれど

a0074562_05502317.jpg
 我が家の庭も冬枯れの侘しさ、と思ったら水仙が咲いていた。蝋梅もようやく一輪二輪と咲き始めて、春の魁が届いている。
 昨年買った高性能マクロレンズの練習にと、水仙にレンズを向けてみたが思わぬ難敵にたじたじ。シャッター速度は十分に早いので、侮って手持ち撮影でやってみた。結果は惨敗。ピントがまるで合わないのだ。
 確かにマクロレンズでの撮影では、フォーカスゾーンを狭くして拡大表示し、そのうえで手動でピント合わせをしないとここという所にピントが合わない。水仙のようにのっぺりした花では手持ちではピントは合わせられない。
 手持ち撮影を二回トライして敗れ、今度は三脚を持ち出してカメラを据えた。フォーカスゾーンを拡大表示して手動でピント合わせしようとするが、風に吹かれて花が動くものだから、簡単ではない。
 一度ピントを合わせてしまえば、風の合間に花が戻ってきた位置でシャターが切れる。なんとかピント合わせが出来たが、手持ち撮影は出来ないことは身に染みた。
 順光でバックを暗くして水仙を撮りたいところだが、水仙の咲く場所の前側には入れない。
仕方なく逆光で日が当たらいタイミングで撮影。この場合背景の部分が日当たりで、暗い背景は無理だった。
 後の考えだが、バックに黒い紙など置いてみたらどうだったか。それでもピントは花にだけ合って、背景は大きくボケているので、なんとか花を浮き立たせることは出来たか。それにしても生えたままの花を撮影するのはむつかしいものだ。

[PR]
by tabitohon | 2017-01-06 05:54 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)

キカラスウリ、今年の期待

a0074562_15002106.jpg
 この前の書き込みで、キカラスウリ情報を載せた。キカラスウリ実と根塊が届けられた話。採取地は夢の島公園に近くだったそうだ。
 さて今年のボタニカルフォトアート(BTF)の候補テーマは既に進行中。7月にハスの花が咲くと、既に撮影済のハスの実や枯れ蓮田と組み合わせて作品に仕上げる。ザクロのぱっくり開いた実やぱっくり開いたアケビの実が撮影済なので、アケビの花やザクロの花を構成すればよいだろう。それからウバユリの実も撮影済なので、ウバユリの花が咲く7月を待てばよい。
 さて去年いれ込んだカラスウリだが、追っていたのがキカラスウリやオオカラスウリやヘビウリ、スズメウリ。ヘビウリは昼間でも咲く花なので撮影済。スズメウリはカラスウリとは趣が違い、カラスウリとは別扱いとしよう。
 普通のカラスウリは昨年作品に一点仕上げてみた。カラスウリと言っても、種類によって花の形が異なる。写真の右が普通に言うカラスウリで、左がキカラスウリ。キカラスウリの方が花弁が大きく花が重厚で優美。何とかこれを仕留めたいと、昨年は各所に通ったが敗れた。
 左の写真は東京都薬草園のものだが、開園の9時ころは日盛りなのでレースが閉じ始めて花びらも茶色くなり始めていて気に入らない。なんとか朝早い内の花に出会いたいところでの、先日のキカラスウリ情報。
 その後友人からの情報では、夢の島界隈のカラスウリはみんなキカラスウリらしい。近いところでは新木場から徒歩5分ほどにところとか。道路際なので、植物園のように入場時間制限はかからない。近辺にたくさん生育地があるらしいので、一か所二か所が伐採されたとしてもたどり着けるに違ない。
 2月に新木場方面に出向く用事があるので、下見に立ち寄ってみよう。さてさて今年もBTF素材採取の楽しむが待っている一年になりそうだ。


 



[PR]
by tabitohon | 2017-01-01 15:15 | PC&デジカメ写真術(ボタニカルフォトあ | Comments(0)